11月も半ば、今年も後ひと月半となりました

 

年内のTOKYOトラウトカントリー・テンカラ関連教室の日程をお知らせしておきます

 

 

-------------------------------------------

○11月24日(木)第68回・毛バリ研究会

12月3日(土)第81回・テンカラ教室

○未定 第69回毛バリ研究会

詳細はTOKYOトラウトカントリーHPよりご確認ください

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

-------------------------------------------

来週の毛バリ研究会は、初の平日開催となります

ご参加予定のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

-------------------------------------------

以下は吉田毛鉤会メンバーのみのイベント日程です

11月23日(水・祝)不用品交換(売買)会・ヨシオク(ヨシダ―ズオークション) 

12月10日(土)吉田毛鉤会忘年会

12月29日(木)吉田毛鉤会忘年釣行会

-------------------------------------------

2月の吉田毛鉤関連イベント

 私がよく釣りに行くエリアの解禁まで、後1ヶ月と少し。
 今期はどんな課題を持ってテンカラをやろうかと、解禁前にあれやこれやと考えるのは実に楽しいものである。
 そして、今期使う道具も色々と考えながら用意する。これもまた楽しいことのひとつである。

 先ずは今度の
日曜日(7日)は、1月の毛バリ研究会(第60回)の代替で開催予定(一般の方の予約は終了しました。吉田毛鉤会メンバーの方はご自由にご参加ください)。
 先月は、雪(予報)で道路状況のことも考え延期にした。その時に特別講習も考えていたのだが、それができなくなったので、今回あらためてお話しするつもりだ。

 そして翌週の週末の
土曜日(13日)は、テンカラ教室(第71回)の開催日となる。
 こちらは現在参加者募集中。すでに何名かお申込みいただいたようで、ありがたい限りだ。

 月末
28日(日)は第61回毛バリ研究会。各教室は2週間前から受付を開始します。
 いずれの教室も
TOKYO TROUT COUNTRYのホームページよりお申込みください。



 よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村  
TENKARA USA MAGAZINE 2016

 一昨日のフィツシングショーから帰宅すると、アメリカから小包が届いていた。
 送り主はTENKARA USAのダニエルだった。
 


 ダニエルとは2013年の取材釣行に一緒に行って以来時々連絡をもらっているが、昨年の秋に原稿依頼のメールがあった。

http://yoshidakebari.jugem.jp/?day=20130822
 


 今回の記事の内容は私の毛バリのこと。この記事の掲載されたTENKARA MAGAZINEが刷り上がったので送ってくれた。
 原稿には魚の写真や毛バリのタイイングの解説の写真も添付したのだが、それがキッチリ掲載されると、ますます今後の渓での撮影にも力が入るというものだ。

 テンカラが日々ワールドワイドになっていくことを感じている今日この頃。
 普及活動に力を入れている私にとっても嬉しいことである。
 

 TENKARA MAGAZINにご興味のある方は、TENKARA USA のホームページよりご購入ください。
http://www.tenkarausa.com/


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
明日はトークショー(ジャパンフイッシングショーにて)

 本日より開催のジャパンフィッシングショー2016。
 私の出番は明日11時30分よりとなっております。
 「つり人社」のブースでは、3日間トークショーを開催しておりますので、よろしくお願いいたします。


http://e-tsuribito.blogo.jp/archives/2061660.html



 会場では現在絶賛発売中の「2016渓流春号」も販売していますので、まだお読みになられていらっしゃらないかたは、ぜひともお手に取って・・・・・・よろしかったらご購入いただけるとありがたく存じます。



 渓流誌面では「釣れない時間を愉しむために」と、テンカラで遊ぶためのハウツーの記事を担当させていただきました。


 
 オマケといってはアレですが、現在発売中の「月刊つり人」3月号では、「渓ごはん」の記事で料理を担当させていただきました。
 こちらもどうぞよろしくお願いいたします。  




 トークショーの後も時間を取ってありますので、多くのテンカラファンの方々とお会いできるのを楽しみにしております。

 さて、引き続きのイベント情報ですが、2月のTTC関連教室は、

7日(日)「毛バリ研究会」(第60回・1月の代替)
13日(土)「テンカラ教室」(第71回)
28日(日)「毛バリ研究会」(第61回)
 そして
3月27日(日)には第4回K−カップが開催されます
 
詳しくはTTCホームページより

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 教室、イベント共に、みなさまのご参加をお待ちしております。 
 

 ということで、お知らせでした。


 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村pict
今後の関連教室とイベントの日程です

1月24日(日)第60回吉田毛鉤の毛バリ研究会(現在受付中)
2月13日(土)第71回TTCテンカラ教室
2月28日(日)第61回吉田毛鉤の毛バリ研究会
3月27日(日)第4回K-カップ(現在受付中)⇐クリックしてください

*3月関連教室の日程は、決まり次第お知らせいたします
*いずれもお申込みはTOKYOトラウトカントリーHPより⇐クリックしてください

 みなさまのご参加をお待ちしております


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓
 

にほんブログ村
フジノライン2016カレンダー

 テンカララインの「テンカラミディ」。
 このラインの設計をさせていただき、製品化していただいたのが数年前。
 周囲のテンカラファンからもこのラインについては高評価をいただいていて、私としても本当に嬉しく思っている。

 そんな関係で、毎年年末には矢口先生のカレンダーを送っていただいているのだが、いつもながら心を揺さぶられる素敵な絵である。



 2016年版は、2月に我が愛するテンカラが・・・ということで宣伝させていただきました。

 さてさて明日は今年最後の毛バリ研究会の開催日。

 寒さに負けず頑張ります!!


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村  
写真展スッポン料理にオークション最後はシャロムで癒されて(怒涛の4日間)

10日・・・津留崎さん写真展とトークショーからの、12日吉田毛鉤会発会5周年記念イベントの食材の仕入れ
11日・・・某所にて釣り関連のお仕事のお手伝い
12日・・・吉田毛鉤会発会5周年記念イベント「ヨシオク」とスッポン料理のご提供
13日・・・ひと段落したのでシャロムの森へ癒しの釣行へ


【吉田毛鉤会発会5周年記念イベントにご参加いただきました当会スタメンたち】
 
 10日は先の記事にも書いたのだが、津留崎さんの写真展とトークショーへ行き、帰宅途中でイベントの食材の仕入れをしてから帰宅した。


【今回の出版物は東京ネイチャー・TAMAGAWA】

 明けて12日。この日は釣り関連の仕事を手伝いに行く。
 事前にスケジュール調整をしてあった関係者と待ち合わせ、現場に到着し段取りをして、その後はどうにか時間内に仕事を終えることができた。
 連休渋滞を避け、早めに高速に飛び乗り帰宅。朝出発前に車載した釣り関連の道具を下ろし、簡単にメンテしてその日は終了した。
 寝不足が続き尋常ではなく眠いのだが、明日のイベントの段取り等考えてしまい、寝床に入ってもなかなか寝付けない。


【仕事は無事終了】

 寝不足のまま、朝4時から動き出す。
 食材や機材の忘れ物がないかチェックし、車に積み込む。
 なにしろガソリンのツーバーナーのストーブから炊飯器、鍋釜一式に食器まで持参しなければならないので、運転席から後ろは満載である。
 朝7時、無事TOKYOトラウトカントリーに到着し、メンバーに手伝ってもらいながらイベントの準備をする。

 イベントのメインはヨシダ―ズオークション「ヨシオク」(笑)。不用品交換会と称するオークションである。
 そしてこちらは私からいつもお世話になっているメンバー向けに「スッポン料理」をご提供する。


【スッポン雑炊ならぬスッポン茶漬け】

 朝イチでお集まりいただいた約半数の方には、スッポンの生血を飲んでもらう。
 これで年内、風邪などひかず切り抜けていただきたい。
 その後はじっくりと2時間以上かけて抽出したスープを使って作った「スッポン茶漬け」を食べてもらった。


【ガツガツいっている人とニコニコしている人、お椀を見つめている人と目がブッ飛んでいる人】

 さて本日のメインイベントは、釣り用品やアウトドア用品を中心としたオークション。
 MCには本職のセリ人でもある当会のナベちゃんが、先輩のK閣下にお手伝いいただきながら楽しく開催してくれた。


【基本的に良品が多い。儲けは度外視なのだがイイ値がついた。ご祝儀相場のようだ】

 私は大物を格安で入手したが、当日は荷物が多くて車載できず、結局まだトラウトカントリーに置かせてもらったままだ。
 大盛り上がりの中「ヨシオク」が終了。
 その後はみなさん川で釣りを楽しまれていた。
 この日は続いている寝不足もピークを迎えていたこともあり早々に退散。
 眠くならないドリンク剤を飲みながら、頑張って帰宅した。

 ご協力いただいたみなさま、そしてご参加いただいたみなさま、今回は(も)ありがとうございました。
 いつもお手伝いいただきまして恐縮しております。 


【癒し系?癒し渓?】

 最終日。
 ここのところ本当に忙しく、色々なことがあり過ぎて精神はズタズタ肉体はボロボロだったのだが、昨日のイベントが無事終了するまで気を抜くことができなかった。
 そのイベントも無事終わったので、新メンバーのカオりんを引き連れシャロムの森に行く。
 私の連休の最終日は、精神に少し余裕が出たこともあり、本当にゆったりとした気持ちで竿を振ることができた。


【シャロムのヤマメ】

 この日はいつもより遅くまで渓にいた。

 季節も私の大好きな「秋」ということもあってこちらの気持ちが伝わったのか、ヤマメとイワナがゆったりと遊んでくれた。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓⇓⇓イベントの記事はとくさんのブログでも⇓⇓⇓
http://d.hatena.ne.jp/toku-jiro/20151012#p1



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
キッズテンカラスクールのお申込みの受付を終了しました



 定員になりましたので、「第1回・TTC
キッズテンカラスクール」の受付を終了しました。

 お申込みいただきましたみなさまには、当日は楽しい思い出をお持ち帰りいただけますよう、TTCスタッフそして吉田毛鉤会メンバー一同頑張ってお手伝いをいたしますので、よろしくお願い申し上げます。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 
 
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
吉田毛鉤会ハーフタイム慰労会

 昨夜は恒例の吉田毛鉤会の慰労会を開催した。
 半年に一度、スケジュール的に集まれるメンバーで飲んでいるが、飲むための名目に慰労会としている。
 ただ今回は、お祝いと、新人歓迎会という2つのことがあった。
 これはめでたい、ということで、場所はいつもの新宿「どん底」からのスタートとなる。



 「テンカラ」という釣りを趣味として集まっているメンバーだが、年齢性別職業もみな違う。
 しかしそのコアの部分で共感できるところを持っているため、話をしていても本当に飽きることがなく、時間と体力が許すならば、それこそエンドレスで会話が続いてしまうと思う。
 
 道具のこと、渓のこと、情報交換から報告、手作りのグッズの話から料理の話まで、ネタはいくらでもでてくる。
 その中でも話の中心になるのは、それぞれの入渓体験からの笑えるネタ話だ。


 
 メンバーはそれぞれ年齢職業性別が違うと書いたが、生業子育て家事等々、みんなやるべきことを日常生活でこなしている。
 私も含め、日常生活を続けていれば、多かれ少なかれ誰しもがストレスを抱え込んでしまうのではないか。
 そんなストレスは渓にいって発散するのが一番ではあるが、このように気心の知れた仲間たちとお酒を飲みながら、大人数でワイワイ騒ぐのも、これまた非常にストレスがEXHAUST(エキゾースト)されるというわけだ。



 「テンカラ釣り」の会として発足した吉田毛鉤会も、今年で丸5年が経過した。
 メンバーのほとんどが私のテンカラ教室にご参加いただいて以後、トラウトカントリーに通うようになり、こちらから声をかけて入会していただいている。
 稀にそうでない強烈キャラも現れるが、ウチの会の気風にピッタリのかたには、入会のお誘いをかけさせていただくことにしている。
 そんなメンバーに支えられ、「安全」に「楽しく」入渓し、美しい渓で在来の美しい魚を釣ることを愉しんでいるわけだが、これもメンバーの協力があってのこと。

 今月の26日には、TTCでキッズテンカラスクールを開催する予定だ。


キッズテンカラスクールについて⇓
http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1749

 参加者のお子さんひとりひとりに講師役(サポート)として付いていただけるのもメンバーたちにお願いしている。
 何かのイベントをやろうと思った場合でも、とてもひとりではできるものではなく、やはりみなさんの協力があって成り立つわけで、代表の私から心より感謝の意を伝えたいと思っている。



 話がく固くなったが、昨日の慰労会も爆笑の中終わりを迎えた。
 1次会から2次会へ。
 おまけにプチ3次会までいった私は終電でフラフラの帰宅となる。
 
 今朝もボーっとした頭のまま、家族を連れて都心へでた。
 再度帰宅した時には本当の本当にフラフラである。
 オマケにせっかく発散したストレスも再び抱え込んできたので、またまた週末の入渓予定を立てなければ。

 慰労会にご参加いただいたメンバーのみなさま、今回も楽しい時をありがとうございました。
 またのご参加よろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝 

 
⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
TTCイベント情報(4月)

TTC(TOKYOトラウトカントリー)、4月開催のイベント情報です
4月以降も通常は(都合による例外もアリ)第2土曜日がテンカラ教室、第4土曜日が毛バリ研究会の予定となります
(詳細は各項目をクリックしてください)

4月11日(土)第62回テンカラ教室
4月18日(土)テンカラ名手を偲ぶ会
4月26日(日)第52回毛バリ研究会


(奥多摩の岩魚)

 3月から4月にかけては、年度が替わることもあって、ただでさえ忙しいところに所用が増える。
 その主なものが子供の用事なのだが、学校の行事、懇談会、個人面談に家庭訪問など、生業を休んで付き合わないとならないことも多い。
 その中には喜んで出かける(親の)飲み会も含まれるが(笑)。
 
 昨日は毛バリ研究会だったが、その前夜にママ友(私はパパだが)との飲み会があり、午後6時から6時間以上飲み続けていた。
 さすがに翌日の研究会に支障があってはならないと思い、日をまたぐころ引きあげたが、みなさんお酒がお強いので頼もしい限りである。

 で、昨日は無事研究会を終わり帰宅したのだが、教室も終わり張っていた緊張がゆるんだせいか、はたまた肉体疲労と精神疲労のバランスが悪いせいか、何十年ぶりかに夜中に金縛りにあってしまった。
 苦しみながらもどうにか解けたが(もの凄い汗だった)、その後は眠いけれど眠れないというなんとも始末の悪い夜であった。
 
 一夜開けた今日も一日不調が続き、生業から帰宅後も身体がダルくてしかたがない。
 実家にも色々と用事があり、そんな余計なことにも常に頭を働かせなくてはならないため、ただでさえ少ない脳みそがオーバーロードしているのだろう。

 「あ〜嫌だ」
 
 そんなこんなでずいぶんと煮詰まってきているが、今週末は仲間と入渓の予定を立ててあるので、美渓に毒を吸い取ってもらいにいってくるつもりだ。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村