本年もよろしくお願い申し上げます

 

【TOKYOトラウトカントリー・1月3日午前10時】

 

2017年の年末は、メンバーと29日の忘年釣行会の後、31日はトラウトカントリーにご挨拶に行き、現地にある鱒供養塔へ御礼をしてきました。そして今日、1月3日は年頭のご挨拶を兼ねて(毛バリの)巻き初めと釣り初めに。

 

昨年も関連行事が色々とありました。

 

1月【テンカラの大御所のみなさんの末席に加えていただき、フィッシングショーで毛バリプレゼントのプレゼンターに】

2月【恒例のテンカラ教室】

3月【初めての電車釣行】

4月【今年も開催みんなで楽しくKカップ】

5月【過酷だった取材釣行】

6月【愛弟子が取材釣行でイイ仕事を】 7月【アポなし神対応(笑)、タカトシさんと温水さんの番組に】

8月【例年大好評のキッズテンカラスクール】 9月【たまには苦労をしない取材があってもね】

10月【神田櫻井釣漁具さんの撮影に協力】

11月【吉田毛鉤オリジナルロッド・金剛てんから完成】

12月【過去最大人数の毛バリ研究会】

 

釣り関連ではないイベントで今年最も大きかったことは、12月に小学校の家庭科のゲストスピーカーをやらせていただいたことでした。

 

今年も持てる力を発揮して、老若男女、どなたにも楽しんでいただけるテンカラの普及と、それを通じて渓流魚の保護と、自然環境の保全を訴えていきたいと思っております。

 

通年開催しているテンカラ教室と毛バリ研究会。1月も引き続き開催予定となっております。

1月27日(土)第93回 TTCテンカラ教室
1月28日(日)第81回 吉田毛鉤の毛バリ研究会
スケジュール調整ができれば、2月はテンカラ教室平日開催も考えております。

 

【釣り初め・1月3日TTC】

 

ベテランの方は調整を、今年はテンカラに挑戦してみたいと思う方は基礎を。TTCのテンカラ関連教室で解禁に備えてみてはいかがでしょう。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

本年もよろしくお願い申し上げます

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

2016年大晦日

 

月イチのテンカラ教室と毛バリ研究会にご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

 

テンカラのハウツーの文章も、各書籍に掲載していただきました。

 

 

日本国内だけでなく、アメリカでも私の毛バリをご紹介いただきました。

 

 

フィッシングショーでは諸先輩とご一緒に、初のトークショーに参加させていただきました。

 

 

 

 

テンカラで滝を釣る。その釣り方もご紹介いただきました。

 

 

そして大盛況だったキッズスクール。また来年も開催予定ですので、ご参加いただけるとありがたく存じます。

 

 

女子メンバーも月刊つり人にデビューさせました。

 

 

今年はクマの出没情報も数多く、私の体験談も寄稿させていただきました。

 

 

いつもご協力いただいている吉田毛鉤会のメンバーと、不用品交換会で盛り上がりました。

 

 

ご協力いただきましたみなさま。お世話になりましたみなさま。そして数多くの友人知人のみなさま。

 

今年も色々とありがとうございました。

 

また来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

2016吉田毛鉤



 本年もよろしくお願いいたします

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 吉田孝



⇓いつもクリックありがとうございます⇓

にほんブログ村
今年もありがとうございました

 2015年も今日で終わり。

  今日は半日時間に余裕ができたこともあって、私が教室を開催している奥多摩のTOKYOトラウトカントリーに、年末のご挨拶を兼ねて家族で出かけてきました。

 ここには、鱒の供養塔があります。
 私は自然渓では、その魚を捕って食べるということはしませんが、いつも釣りを楽しませてくれる「鱒族」に感謝の気持ちを込めて、メンバーとTTCのスタッフと一緒にお参りさせていただきました。


(鱒の供養塔)


(メンバーのK閣下は川にお酒を)
 
 今年も吉田毛鉤会は何名かの新メンバーを迎え、新たに自然渓での在来美魚に出会えたメンバーもいました。

 私がテンカラ教室を開催しているのも、ひとりでも多くの人に美しい自然渓と、在来の美しい魚を見て感じていただきたいと思っているからです。

 例年、取材も含めて日本の各地の渓に出かけますが、どこに行っても魚は少なく、今でも渓のゴミの問題や乱獲の問題を見たり聞いたりすることが多いです。

 釣りという趣味は、少なからず自然や魚に対して迷惑をかけているのは事実です。しかし止められない。 
 こればっかりは釣りを好きになってしまった以上どうすることもできなくて、この業を背負ったままあちらの世界に行くほかありません。

 ですから今は、自分が楽しませてもらっている自然に対し、できるだけ迷惑をかけることを少なくしようと思っています。
 そして周囲の人たちにも、同じような気持ちになってもらいたいと願っています。

 美しい自然の中で遊んだ人は、きっとそれを壊そうとは思わないはずです。

 今年もこの自然の中で遊ばせていただきました。

 清冽な水が流れ、美しい魚のいる渓にいくと、日常生活で溜まり込んだストレスは綺麗さっぱりと流されます。本当にありがたいことです。

 ですから永遠にこの美しい自然が保たれることを願ってやみません。

 ということで、今年も色々とありがとうございました。

 また来年もよろしくお願いいたします。





  
日々是感謝 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


⇓いつもクリックありがとうございます⇓


にほんブログ村
***謹賀新年2015***





本年もよろしくお願い致します。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



⇓こちらもよろしくお願い致します⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
大晦日「今年もありがとうございました」

2014年も今日が最終日となりました。

当ブログをお読みいただいていらっしゃるみなさま。

月開催しているテンカラ教室と毛バリ研究会へご参加いただいたみなさま。

イベントにご参加いただいたみなさま。ご協力いただきましたテンカラ名人のみなさま。

TOKYO TROUT COUNTRYスタッフのみなさま。

全釣り協、インストラクター機構の関係者のみなさま。

何かにつけてご協力をいただいている、吉田毛鉤会メンバーのみなさま。

そして、いつも文句をいわずいつもバックアップしてくれている私の家族に、

「ありがとうございました」

と、感謝の気持ちでいっぱいです。


業界関連では、今年も取材や原稿の依頼をいただきました「つり人社」「週刊日本の釣り」各出版社様。

いつもラインをご提供いただいている「フジノライン」様。

そしてテンカラ竿のコマーシャルにご協力させていただきました「PATAGONIA」様。

テンカラ関連商品を、いつも切らさず置いていただいている「上州屋・狭山ヶ丘店」様。

「今年もありがとうございました」

来年もよろしくお願い申し上げます。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝








週刊日本の釣り
http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1340


追伸:関係者の方々の中で、喪中かどうかわからずに年賀状をお送りしてしまった方には、ご容赦いただきたく思います。

⇓今年もクリックありがとうございました⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

謹賀新年

旧年中はお世話になりました。



本年もどうぞよろしくお願いいたします。


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 吉田孝


⇓本年も「クリック」よろしくお願いいたします⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

大晦日



師を想ひ 煮る年の瀬の 八つ頭 
                
                 
毛鉤子

今年も今日で終わり。昨日は一年の釣りを振り返りブログを書いたが、 私の心の中では、やはり師匠が他界したことが今年の一番の大きな出来事になっている。

今あらためて想うと、師にはテンカラのキャスティングを教わったこともない。釣り方もこうしろああしろと教わったことがない。毛バリの巻き方も「こんなのがあるよ」と雑談程度に話をされたことがあるだけで、手取り足取り教わったことがない。いつもこちらが疑問に思ったことに対し、的確な答えを返してくれることのみ。これが実に心地よかった。

文士でもあり、非常に頭の良い人だった。大手のスポンサーが付きテレビ出演しつつ、常に「誰にでもできるわかりやすいテンカラを」ということを考えている人だった。私がテンカラに行き詰った時のメンタル面の相談や、メディアに対応する様々なアドバイス、インストラクターやプロとしての立ち位置の話などをいただけたことは、今でも本当にありがたいことであったと思っている。

自身の寿命が後どのくらいなのかを悟った後、「吉田さんには俺の釣りをやってくれとはいわないんだよ、ただ、俺のテンカラスピリッツだけは受け継いで欲しいんだ」の言葉をいただいた。その言葉は忘れられずに心に残っている。


(吉田毛鉤製 片口中皿)

そんな師匠だったが、食に対してもこだわりのある人で、食に関しては負けず劣らずのこの私は本当にいつも楽しい食談義もさせていただいた。料理に関しても一流で、「これは吉田さんには出せないなぁとか、これだけは食べてもらいたい」などと、師匠との料理のやりとりも楽しい思い出のひとつになっている。

何年か前の正月に、毎年簡単ではあるが続けて作っているお節料理の中で、口に合うかどうか分からないが、野菜の煮物や黒豆などを食べていただこうとお持ちしたことがある。その料理の中に、私が特に気合を入れて作った八つ頭の煮物があった。

テンカラの技量はまだまだ自己分析がなされていないが、実家が代々料理屋を営み、自分自身も調理師の免許を取得していることもあり、味に関してはそれなりに分かるので、この八つ頭だけはと思い持参することにしたのであった。

別に師匠を試そうという気はなく、特にその料理のことは何も告げずに召し上がっていただいたと思っていたのだが、その夜、師匠から電話がかかったきた。
その電話は、「吉田さん、俺は芋やカボチャは好きじゃないのであまり食べないのだけれど、今日いただいたあの八つ頭。あの味は以前京都の一流料亭で食べたことを思い起こさせるような、本当に美味しい味だった」との、お褒めの言葉を頂戴したのである。これは本当に嬉しかった。テンカラを褒められるよりもだった(笑)。


(自作のお気に入りの皿に盛る)

師匠。師匠のテンカラスピリッツに、私の一番伝えたいと思っている「テンカラの楽しさ」を添えさせていただき、今年も多くの人たちにテンカラの伝道をすることができました。
まだまだ精進しなければならないところは沢山ありますが、これからも頑張るつもりでおります。

今年は自宅でお供えさせていただきますが、八つ頭の煮物に免じて、行き届かない部分はご容赦ください。
そして親交のあった吉田毛鉤会の面々が、来期も奥多摩の沢で楽しい釣りをしているところを、穏やかに見守っていてください。

お世話になった師匠へ 


(かなり気合を入れてやっていた陶芸は、今でも再開したいのである)

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 今年もありがとうございました 吉田孝

⇓いつもクリックありがとうございます⇓
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

謹賀新年2013

初春のお慶びを申し上げます


(あけて)

旧年中お世話になりましたみなさまには
厚く御礼申し上げます


(めでたし)

本年もよろしくお願いいたします


吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 吉田孝


***吉田毛鉤並びに吉田毛鉤会関係者のみなさま***

ご連絡先が不明により、年賀状を差し上げることができかったメンバー並びに関係者のみなさま。

大変申し訳ございませんが、ブログ年賀状にて新春のご挨拶にかえさせていただきます。



本年もなにかとご協力をお願いすることも多いかと存じますが、お力添えの程よろしくお願い申し上げます。




今年も(クリック)よろしくお願い申し上げします
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ テンカラ釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村