ここ半年間、私のテンカラ関連の教室にご参加いただいた方から「毛バリを自分で作ってみたい」という声をけっこう頂戴している。

 

 常設の『毛バリ研究会』にご参加いただければ、道具の選び方に買い方に取り扱い、実際に作るところを見ていただき、その場でご指導もできるのだが、昨今の状況ではそれもいつになるのかわからない。

 

 STAYHOMEということもあるし、私も時間があったので、あらためて基本の毛バリ巻きの写真を撮りアップしてみた。

 

1.ハリをバイスにセットする。ハリ軸はテーブルと並行に

 

2.スレッド(糸)をハリに掛ける。左手で引っ張った糸の上にボビン(糸巻き)ホルダーのノズルから出ている糸をかぶせるようにのせると糸が固定できる

 

3.スレッドを時計回りに巻きながら後方に進み、さらに巻きながらハリの腰の手前で折り返し、写真の位置まで戻ってくる。余った左手の糸は切り捨てる

 

 

4.ボデイ材(写真はダビング材・綿状のものなら何でも可)をスレッドに縒り付ける。一度にたくさん付けないこと

 

5.縒り付けたダビング材とスレッドを一緒に持ち、ハリ軸に巻き付ける。巻く方向は最初から最後まで時計回りで

 

 

6.ダビング材を何度か取り付けてハリ軸に巻き、好みのボディの太さに仕上げる

 

7.はみ出たボデイ材をハサミでトリミングする

 

8.整えた羽根(写真はキジ・ソフトハックル)を、ボデイの始まる部分にスレッド2〜3回巻いて固定する

 

9.固定した後、余った先端部を切り捨てる

 

10.切り取ったらスレッドを何回か巻く

 

11.指で蓑毛(羽根・ハックル)をハリの後方に向けてたたむように倒し、時計回りに羽根をハリ軸に巻き付けていく

 

 

12.巻き終えたら羽根の軸を持ち、この軸をスレッドを巻いて固定する。羽根もスレッドも、巻く方向は全て時計回り

 

13.羽根の軸をしっかり固定できたら切り落とす。スレッドを切らないように注意

 

14.ハーフヒッチャー(ボールペンの軸を抜いたような形)でスレッドを手前からすくい上げるように拾い、ハーフヒッチャーに巻き付ける

 

15.ハーフヒッチャーの先端部をハリのアイ(頭の部分)にかぶせ、スレッドを左にずらしながらハリ軸に落とす。それを数回繰り返しゆるまないように固定する

 

16.スレッドを切り、接着剤を滴下すれば完成なのだが、ヘッドの色を変えたい場合もある。その場合は別の色のスレッドを用意し、巻き始めと同じように固定し巻き進める

 

17.フィニッシュしたらヘッドセメント(毛バリ専用接着剤)を染み込ませるように着ける

 

18.沈み(ウエット)タイプのテンカラ毛バリの完成

 

 以前ブログで解説したのが以下の記事で、2010年だった。

 

 10年ぶりで写真は綺麗になっているが、内容はほとんど変わっていない。

 http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=117

 

 こちらはHONDAさんのサイトで『逆さ毛バリ』の巻き方を解説しています(参考まで)。

 https://www.honda.co.jp/fishing/skillup/tenkaraflies/

 

 こんな世の中だが、自宅にいる時間がたっぷりとあることを喜ばしいと捉え、じっくりと毛バリでも巻いて気分を上げてみてはいかがでしょう。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 コロナ騒ぎで身動きが付かない。

 

 こんな時でも私の場合は毛バリを巻いて、楽しい時間を過ごすことができる。

 

 とはいえそれは自分で使う毛バリの話。

 

 販売する毛バリは作る時に気を使う&同じものを何本も巻かないといけないので、楽しさよりは大変さが勝ってしまう。

 

 この週末で50本巻こうと自分でノルマを決めた。

 

 昨夜手を付けたが、15本で寝落ちした。

 


 そして今朝は起床後に久しぶりの朝ラン。


 内職以外の予定がないため、落ち着いて走ることができた。


 いつもは走り終わったら洗濯して風呂入って食事の仕度してそれが終わったら……とやることが多過ぎて、それをどう片付けようかと頭の中でグルグルと考えが巡り、走りながらも落ち着かないのだ。

 

 時間に余裕があるのもたまにはいいものだ。


 たっぷり着込み、顔と頭を覆ってゆるランで7キロ走り、汗だくで帰還した。

 


 自分で決めたノルマだが、3ダース(36本)終えた。


 長い時間座っていると、椅子でも畳でも身体中の筋肉がこわばってくるので、タイイングベースはデスクと畳の2箇所にして、立ったり座ったりしながらの作業。

 


 教室をやっていると、よく初心者の方から
「毛バリは綺麗に巻かないと魚は釣れないのですか」
と問われることがある。


 「私は販売することもあるので丁寧に巻いていますが、一般の方は心配ご無用、テキトーに巻いた毛バリでも釣れる時は釣れます」
と、あまり答えになっていない返事をしている。


 そうなのですよ。


 私が綺麗に揃えて毛バリを巻いているのは、『魚』を釣るのではなく『人間』を釣るためなのです(魚もよく釣れますけどw)。

 

 今日も充実した1日だった。

 

 明日も楽しくがんばりましょう。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝
 

 先ずはR40指定(40歳未満閲覧禁止)ネタから。

 

 

 私は遅かったのでそれほど苦労はしなかったが、流石に最近は早朝の薄暗い渓流で毛バリのアイにハリスを通すのがキツくなってきた。


 そう、老眼の話だ。

 


 毛バリを巻く時には、40年近い経験から心眼で見ながら巻くことができるので(笑)、老眼鏡を使うことはほとんどないが、釣りの前のハリス通しはもどかしくて仕方がない。

 


 潔く老眼鏡を使えばよいのだけれど、とにかく鬱陶しくて嫌いなのだ。


 そこで今、最も重宝している『自作のアイ』。

 


 アイ付きのフライやテンカラのハリの種類に比べたら圧倒的に数が多いエサ釣りのハリなら、重さもサイズもデザインも選びたい放題だ。

 


 最近の毛バリの教室でも、一二を争う程作り方のご質問の多い毛バリでもある。


 詳しい作り方は教室で解説します……コロナ騒ぎが落ち着いたら。


 このスタイルをメインで入渓するようになってからは、ハリス通しのストレスは解消した。


 アイを見ないでも、何となくハリスを挿していけば簡単に通る。


 あ、40才未満の方は使用禁止です。


 苦労が分からないと喜びも分からないので(笑)。

 

 

 月イチのテンカラ教室を開催して10年以上。


 その中で、参加者から本当に色々な質問を受けるが、私の場合ストレートに「こうです!」と解答を言わないように心がけている。


 別に意地が悪いわけではなく、一番楽しい部分を奪わないようにしているためだ。


 テンカラは自然と生き物相手なので、
『絶対』
という答えはない。


『こういった傾向がある』
『しかも捉え方は個人個人で違う』
というのが、長年この釣りをやっていて出た結果だ。


 ただ、わからないからお話しいただいたご質問に対し、無下に「知らない」と言うのは気の毒なので、どうしたらその答えを導き出せるかを丁寧にお話ししている。


 とにかくこの釣りの醍醐味というか楽しさは、自分でやってみて(たとえ多少のズレはあっても)

「これか〜、こうだったのか〜」
と自分なりに答えを見つけた時だと思っている。


 竿、ライン、毛バリ、そして釣り方。


 自分であれこれと試行錯誤し答えを探している時が本当に楽しいと思う。


 特に毛バリに関しては、私の場合「これでいいや」ということがないため、釣り場でも定期的にローテーションしながら交換し、ヒット毛バリを見つけるようにしている。


 作シーズンから今期、特に『あの渓』の『あの魚』にかなり効果のあった毛バリを今日は数本巻いた。


 今日から私の勤める生業先でも、出勤前のスクリーニングが始まった。


 昨日は鬱陶しいコロナ騒ぎで自分のテンションが下がらないよう、散財して憂さ晴らし。


 チタンの杯で健康的な梅酒を飲み、新タマネギと長芋を酒肴にして谷のガイドブックを読んだら、気分はアゲアゲとなった。

 

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 30数年この釣り(毛バリ)を夢中になってやっているので、(自分なりには)少しばかりではあるが魚がこちらを向いてくれるようになってきた。
 

 毛バリについても試行錯誤の毎日で、作っては試し作っては試しを繰り返している。

 


 ハリの形状、重さ、強度、マテリアルの材質、巻き方はいうに及ばず、かなり色々と試している。


 ハイシーズンに誰も人の入らない源流にいけば、それほどテクニカルなことをしなくても魚は釣れるが、水位や水温、水の色の急激な変化、寒い季節や理由は不明な魚の気分によっては、自分の持っている引き出しを総動員しないと結果に繋がらない時もある。


 そんなよくない条件の時、『これだ!』とぴったりハマり、魚が釣れる答えを導き出せると、とても嬉しくなるが、わかってしまう寂しさも感じてしまう。


 答えは求めている時が一番楽しい。


 ということで、次回の釣行のために今宵も毛バリを巻いた。

 


 

 ん〜、今日の釣りの結果から、次の釣りをアレコレと妄想し、新たな毛バリを巻くのは本当に楽しい。

 

 やっぱり私は探求している時が一番好きだ。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

【タイイング道具の整理】

 

 何十年もの間、毛バリを巻き続けている。

 

 元々道具類の検証が好きなこともあり、タイイングに使うツールもずいぶんと購入してきた。

 

 販売用の毛バリを巻くだけでなく、雑誌の取材や、毛バリ巻き教室なども数多く手掛けてきたので、必然的にタイイングツールは増えてしまった。

 

 そこで部屋の片付けをしながら、それらの道具を引っ張りだし、整理をしてみると……

 

○バイスが8台

○ツールが6セット

 

あった。

 

 

 我が家では子供たちも販売用の毛バリ巻きの戦力になっているためある程度のセットは必要なのだが、不要なモノがあったので、これから毛バリ巻きをやってみたいという知人に進呈することにした。

 

 道具野郎の私は、日々道具に埋もれて暮らしている。

 さすがにオーバーフローしてきたため片付けてみたが、実はこうして時々在庫の確認をしないと、同じものを再び購入してきてしまうおそれがあるのだ。

 

 

 ひとつのボックスには、最低限のツールをまとめ、車載用とした。

 これと少しのマテリアルがあれば、出先でも毛バリを巻くことが可能になった。

 

 

 早速今日は、次のカンツリ釣行で使う予定の3種類の毛バリを、3本ずつ巻いてみた。

 

 

ビーズヘッド 

剣羽根 

現代版ハチガシラ

 

 私のテンカラ釣りの根幹となる毛バリだ。

 

 吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 冬季の管理釣り場で、メインターゲットとなるのはニジマスだ。

 

 虫も少なくなり、なかなか水面まで顔を出さない彼ら彼女らの気を惹くのに、ウエイト入りの毛バリは欠かすことができない。このウエイト入りの毛バリだが、沈下速度によって魚の反応が違いため、状況によって重さを変えている。

 


 ウエイトも様々な材料を使っているので、正確な重さを量ってみた。真鍮、銅、タングステン。大きさが同じでも、重さがかなり違うものもあり、それを知ることはかなり楽しい。 

 

 毛バリを浮かべたり沈めたり動かして誘ったり。魚がいうことを聞いてくれない場合、手を変え品を変えるのが私のテンカラのスタイルだ。


 中でも毛バリの重さ(比重)には私なりのこだわりがある。昨日はハリの重量も考慮して何本か巻いた。

 

 

 使用感は想像できるが、本当のところは実際に流れのある場所で使ってみないとわからない。
 

 次回のカンツリ釣行で、テストをするのが楽しみだ。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

(このイワナも自作のループアイの毛バリで)

 

何度か紹介している、自作のアイ。


フライ専用のフックにはハリスを結ぶアイがついているが、さすがに早朝の薄暗い渓でのハリス通しにも限界がきた。


老眼鏡をかければいいのだが、渓での使用がどうしても鬱陶しいので嫌なのだ。


ハリスさえ通せれば、老眼鏡を使わなくても他の結びは問題なくできるので、今期の釣りではそのほとんどで、自作のアイをつけた毛バリを使用した。


アイの材質はナイロンかフロロカーボン製の4号ラインを使っている。


自分で傷でもつけていない限り、アイの部分が壊れることはなく、根掛かった場合もハリスから先に切れている。

 

最初釣行の尺イワナも、自作のループアイを付けた毛バリを使ったが、問題なく寄せることができた。


ただ、ハリスが通しやすいからといって、あまり大きくするとハリ全体のフォルムが崩れてしまう。


使用するハリは、それこそどれだけの種類で作ったかわからなくなるほどだ。

 

(ヘラブナ用のハリはバリエーション豊富でありがたい)


中でもヘラブナ釣りに使うハリは『バーブレス』ということと『種類の豊富さ(重さや強度、ハリ掛かり)』ではナンバーワンなので愛用している。

 

http://yoshidakebari.jugem.jp/?eid=1324


さてさて、禁漁期は管理釣り場の魚相手に、ハリを始めとする道具の検証によいシーズンとなる。


今月は19日(土)にテンカラ教室、27日(日)に毛バリ研究会と、私が講師を務める関連教室がある。


テンカラについてのグローバルな質問にも、精一杯の知識を絞り出して対応させていただいているので、ご興味のある方はご参加いただければと思います。

 

(詳細はTOKYOトラウトカントリーのホームページよりご確認ください)

 

(左のハリは何尾か魚を掛けた後のもの。全く問題ありません)

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

月イチで開催している毛バリ研究会。

その中で一二を争うほど人気の内容が、『ハリスを取り付けるアイのないハリにアイを取り付ける』というものだ。

 


アイのないハリに取り付けるだけではなく、アイのあるハリにも取り付けたいと仰る方もいて、いずれも理由は「老眼対策」。

 


先日もそんな毛バリで魚を釣ったが、ロストしたので補充のため何本が巻いた。

 


詳しい作り方を知りたい方は、研究会にご参加いただければ手取り足取り解説いたします。


6月16日(日)のテンカラ教室も、受付開始後たくさんの方にお申し込みいただきまして、まことにありがとうございました(注・お申し込みいただいている方へのトラウトカントリーより返信するメールが、着信に制限のかかっている方がいらっしゃるようで、届かないことが多々ある旨、トラウトカントリーのスタッフより報告がありました。お申し込みされた方で、トラウトカントリーからの返信のメールが届いていらっしゃらない方は、受信制限の対応をお願いいたします)。

 

教室参加人数の残り枠につきましては、トラウトカントリーにお問い合わせていただければと思います。

 

毛バリ研究会は23日(日)になります。


どちらの教室もよろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

この釣りを長くやっているうちに、同じ趣味を持つ知り合いがどんどん増え、そんな中には奇特にも『あいつにこんな毛バリの材料を持っていってやるか』という方がいて、時々頂戴することがある。

 

ヤマドリ、ウサギ、シカ、そして花瓶の下に敷いていたという『ポーラーベア(ホッキョクグマ)』などもいただいた。

 

中でも私が好んで使う材料に『ゼンマイ(植物)の綿毛』があるが、今日も生業先に届けに来てくれた人がいた。

 

過去に別の方から頂戴したものと比べてみたが、それぞれ色に違いがあって面白い。

 

ただこのゼンマイ、ボディ材にする前にちょっとした加工が必要になるのだが、それは私の主催している『毛バリ研究会』で詳しく解説している。

 

今日はこのゼンマイをボディにして、オーソドックスな『ゼンマイ胴剣羽根』の毛バリを巻いた。

 

ようやっと連休騒ぎが終わったので、この週末、落ち着いた渓で使いたい。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

私が教室やイベント等で、これからテンカラをやってみようと思う方々にこの釣りを紹介する時に心がけていることがある。

 

 

それは、この釣りの敷居を下げて、どなたでも入ってこれるようするということ。

 

テンカラはかくあるべし

この毛バリでないとテンカラではない

テンカラでは毛バリを長く流さない

ラインは水につけるな……等々枚挙に暇がないが、こういったことに振り回され、こうしないと魚が釣れないのではないかと、特に初心者が迷い、さらに釣れなくなるという迷宮に入ってしまった人もたくさんいる。

これは、のべ人数にしたら1000人以上にテンカラについて解説した私の見解だ。

 

 

こういったことに振り回され、魚が釣れない人に、どうしてそういうことをいう人がいるのか、何故にそういうやり方があるのかを、教室では詳しく解説している。

 

話を聴けば『なるほど』となり、時と場合に応じてそれぞれの釣り方があることをご理解いただいている。

 

 

そのような中で、今日はネタ系の毛バリをご紹介してみる。

 

昨夜洗濯機の糸くずフィルターを掃除した。

私の教室では、ネタとして「毛バリのボディ材料は、ポケットの中の綿くずでもOK」と話すことがある。

そこで糸くずフィルターから取り出した綿くずを乾かして、毛バリに仕立ててみた。

 

アダムスグレーならぬ吉田ネズミだが、差し色にレッドを加えて、雰囲気のある毛バリになった。

 

23日のテンカラ教室では、この毛バリを使って、デモンストレーションで魚を釣ってみたい。

 

 

このようなネタも含め、毎回楽しく開催しているTOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室を、どうぞよろしくお願いいたします(お申し込みは明日まで)。

 

3月はテンカラ教室のみとなりますが、4月はテンカラ教室と毛バリ研究会、どちらも開催予定ですので、日程が決まりましたらお知らせいたします。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝