吉田毛鉤/吉田毛鉤会

** 一般社団法人・全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクターの吉田です ** TOKYOトラウトカントリーにてテンカラと毛バリ巻きの教室を開催しています ** CSテレ朝「ヒロシ釣り紀行」・HONDA釣り倶楽部など、各メディアにてテンカラを紹介しています ** 月刊つり人・毛鉤異魚種行脚「テンカラ一本やり勝負!」連載無事終了 ** 別冊渓流2011春/夏号(付録DVD)・2012春/夏号・2013春/夏号・2014春/夏号もよろしくどうぞ ** テンカラ入門DVD・テンカラ「一尾釣るまで!」塾。つり人社より好評発売中 ** 吉田毛鉤プロデュース・フジノライン製「テンカラミディ」も発売中です ** 週刊日本の魚釣り174号に執筆「テンカラ竿の機能と特性」掲載されました ** 取材・原稿等・お問い合わせは kebarievent@gmail.com まで **

MY FISHING TOOL (釣行時の小物)
0
    MY FISHING TOOL (釣行時の小物)



     緊急用に使うものではなく、釣り関連の小物で、シーズン中の山岳渓流であれ、シーズンオフの管理釣り場での釣行であれ、ザックやベストのどこかに必ず携帯している道具というものがある。

     最近は釣り場に到着するまではこのようにまとめておき、釣りを開始する時にばらし、ベストのD環やザックのショルダーストラップに取り付けて使用している。他にもいくつかあるのだが、ここに挙げた5種類のものはかなりプライオリティの高いものである。

     先ずは「ラインカッター」。これがないと仕事にならない。歯で切ることもできるが、その場合切ったラインの先端部が押しつぶされた形状になり、ハリスをハリのアイに通し辛くなる。ラインカッターで、しかも斜めに切る(先端部を細くするため)のが基本だ。ハリのアイが接着剤で埋まっているのを取り除く場合もあるので、私の場合ニードル付きが必要条件になってい
    る。

     次は「フォーセップ」。魚にハリを飲み込まれたり、指先ではつまみにくい場所にかかってしまった時に使用する。ハサミタイプの形状よりピンセットタイプの形状が、持ったり離したりしやすいので好みだ。この写真のものはニードルとラインカッターも付いている。ラインカッターを紛失した場合の予備にもなるのでありがたい。

     「小型の懐中電灯」。シーズン中は山岳渓流に入ることが多く、もちろん何かあった時のためにしっかりしたヘッデンは必携しているが、薄暗い早朝やイブニング時に手元をちょっとだけ照らす時に重宝している。特に冬場のカンツリでは暗くなるのが早いこともあり、停めてある車まで歩いて戻る場合など、足元を照らすのに便利である。

     「超小型のナイフ」。ちょっとしたものを切る場合に使用。メインは渓での食事の時に、パッケージを切ったり、スパムをスライスしたりする時に使っている。

     「リーダーストレーナー」。以前はあまり使用していなかったのだが、フライフィッシングをやっていた時のものを、フロロカーボンのレベルラインのクセを取るのに使ったら実に具合がよかった。その後「テンカラ・ミディ」を使用するようになり、巻きグセが先端部まできれいに取れたので手放せなくなった。写真のものは最近新調したもの。ハリスもキッチリクセが取れていると、やはり釣りやすさ倍増である。


     釣りに使う小物類も色々と集め、次に持っていくものはこれだとか、こっちのほうが具合よいとか、あれやこれやと考えながら準備をするのもまた楽しいものである。

     今日は子供の用事で半日使った。午後は中途半端な自由時間しかないので、釣りに使う小物の整理をして過ごした。明日は毎月恒例の毛バリ研究会の開催日だ。今宵は深酒をせず、大人しくしていようと思っている。


    吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



    ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
    にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
    にほんブログ村  
    | 吉田毛鉤 | 道具 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    現代版ハチガシラ・R18-2W2HT#16
    0
      現代版ハチガシラ・R18-2W2HT#16

       私の場合、イワナ狙いの場合は毛バリのサイズにはそれほどシビアにならず、陸生昆虫も選り好みせず食べてくれるその生態を考え、#12のフライフックを中心に、魚のサイズと活性、そしてその魚の着き場に応じ、#10と#14を持参して入渓することがほとんどである。ただ、ヤマメ狙いの場合はそうはいかず、餌料も水生昆虫を主体とし、しかもその種類を選り好んで捕食している場合もしばし見うけられるため、毛バリの種類とサイズもそれなりの数を用意して入渓することになる。






       で、今日は私が現代版ハチガシラと名付けた目玉付きの毛バリ、しかも#16という私的には小ぶりな毛バリを巻いたのだが(今回はR18-2W2HTを使用した)、ちょうど巻き終わった頃に、つり人社の別冊渓流の編集部より原稿のことで電話をいただいた。別冊渓流の原稿の話をし終わった後、今年(2014)の春号の誌面で、私のいつも使用している毛バリを10種類ほど紹介していただいたことを思い出したので、あらためて読み返してみることにした。



       私の場合、次から次へと色々な毛バリを使いたいこともあり、過去何度か雑誌等で紹介していただいた毛バリをずっと使い続けているわけではない。それでもここに紹介した毛バリは、何年か前から使う素材やハリの種類に違いはあるものの、吉田的ベーシック毛バリになっているものである。



       水面、水中、表層から底釣り、ポケット打ちにナチュラルドリフト、誘いに止め釣り、ヤマメとイワナから管理釣り場のニジマスに至るまで、これらの毛バリをサイズ別に持っていれば、一応どのような状況にも対応できるように考えている。



       足で稼ぐ釣り場にはなかなか出向くことができず、道具も釣り方もケース・バイ・ケースの釣りをしないと魚の釣れない激戦区をメインの釣り場にしている私にとって、多種類の毛バリで状況に応じて釣りをするという手段を取るほかないのである。



       浮力の落ちにくい「ブナムシプカプカ」は、活性の高い時、特に陸生昆虫の捕食率の高い釣り場ではその視認性も手伝ってとても使い良い毛バリになるし、BH(ビーズヘッド)の毛バリは、冬場のカンツリのニジマスには必要不可欠の毛バリとなっている。
       
       どんな毛バリが釣れるとか、どんな毛バリは釣れないとかという話ではない。色々な毛バリを作り、自分で試してその毛バリの特性を体感する。短絡的に釣果のみを考えるのではなく、毛バリの試行錯誤をしながら釣りをすることが、私にとってはこの上なく楽しいのである。

       毛バリを作ることは、それだけでもひとつの趣味といってもいいほど楽しく奥が深いものである。私の仲間もどれだけこの世界に引き込まれ夢中になっていることか。今週末の日曜日はそんな仲間も集まる、毎月1度の毛バリ研究会の開催日である。今回は初めてご参加いただく方もいらっしゃるが、この楽しい毛バリ巻きの世界を体験していただき、長い冬の夜の良き趣味としていただければと思っている。


       吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



      ⇓いつもクリックありがとうございます⇓ 
      にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
      にほんブログ村
      | 吉田毛鉤 | 毛バリ製作 | 18:22 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      毛バリの整理を
      0
        毛バリの整理を



         久しぶりの雨。空気が乾燥しきっていたので、寒いが湿度が上がりなんとなく心地よい。11月も半ばを過ぎると、ここ関東地方でもさすがに寒さを感じる。管理釣り場での釣りでは、いくら水温が低下しようと、冬場の攻め方を考えて釣りをすれば、それなりに釣りにはなるので特に問題はない。しかし禁漁になって釣りに飢えているハズなのに、所用が多くて次のカンツリ釣行のスケジュールが立たないために、モチベーションが上がらず、イライラがつのるばかりである。

         そこで今週末は毛バリ研究会もあることだし、毛バリの整理でもして少しは気持ちを上向きにし、生業先に休暇を提出してでも時間を作り、初冬の渓風を身体に感じてこようかと思っている。

         で、毛バリの整理を開始した。私の場合「取材(撮影)」「販売」「教室」「プライベート」と、テンカラで使う毛バリを4つのカテゴリーに分けて考えているため、それぞれ同じ種類の毛バリを作るにしても、クオリティが微妙に違うのである。

        「取材(撮影)用」の毛バリは、雑誌やメディアで他人様の目に触れることになるので、見た目的にキレイなものを。
        「販売用」の毛バリはなるべく直ぐに壊れないよう耐久性を第一に考えている。
        「教室でお見せする」毛バリは実戦的バリエーションを重視したものにしている。
        「プライベートで使う」毛バリは、上記の毛バリの中でクオリティ的に気に入らなかったものと、マテリアルやハリのテストをするためのテストピースであることが多い。ま、自分で巻いた毛バリの中で一番品質の悪いものを使って普段の釣りをしていることになる。




         ということで、そんなプライベート用の毛バリをしばらく放置しておくと、こんな感じのゴミ毛バリケースになってしまう。このケースの中身は、時間が経過するとなにがなんだかわからなくなってしまうが、毛バリ巻きをやっている以上、「こういったモノがでてくるのは税金みたいなもの」とあきらめている。設計や試作品として考えるには非常にありがたい毛バリなのだが、役目の済んだ毛バリは困りもので、販売もできず他人様に差し上げるわけにもいかず、最終的には泣く泣く廃棄することになる。



         そんな廃棄毛バリを少しでも減らすこともあり、時々ケースの整理をしなければならない。本日の写真の毛バリはプライベート用がメインとなっている。



         自作の木箱に入れているのはシーズン真っ盛りのイワナ用。



         3つある透明のケースは、パラシュートとウイング付き、伝承系と剣羽根、カディスからBH(ビーズヘッド)の実用毛バリのアソートとなっている。



         もうひとつ、ピンセットが入るように加工したケースは18〜20番を中心にした、小さい毛バリが入っている。



         毛バリの整理をしたら気持ちも上がってきた。明日も頑張って働いて、来週はどうにか釣りにいくことができるよう、スケジュールの調整をしようと思っている。



        吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



        ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
        にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
        にほんブログ村  
        | 吉田毛鉤 | 日々雑感 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        R17-3FT#18パラシュート
        0
          R17-3FT#18パラシュート

           シーズンを問わず、魚が表層で捕食する時はあるもので、冬場のカンツリ釣行から真夏の源流域まで、私が毛バリケースの中に常備しているドライ系の毛バリがある。その2種類が「カディス」と「パラシュート」になるが、今日はパラシュートの話を。



           安定した着水姿勢を保ち、フトコロ部にマテリアルがないのでフッキングが良い、下から見上げたシルエットがイイ、特に私のように目の良くないものにとって、視認性が良いということもありがたい。テールを付ける時と付けない時があるが、小さいサイズのハリを使う状況(魚が毛バリを見切ってしまうような、よりシビアな状況)では、テール付きを使うことが多い。
           
           パラシュートはポストをしっかりと立てることと、ハックル材さえハリのサイズに合った適正なものを使えば、簡単に巻ける毛バリだと思うのだが、過去何十回か行った毛バリ研究会で、巻き方について一番質問の多かった毛バリでもある。

           今回の毛バリのサイズは#18、しかもテールを付けている。ハックルの色はブルーダン。ボデイはラスティダンのスレッドで作った。ここ一発、私が絶対に取りたいと思う浮いている魚(特にヤマメ)を狙うときに使う「テッパン」の毛バリである。

           
          23日の日曜日は47回目になる毛バリ研究会の開催日。各種毛バリのタイイングのコツから実際の釣りでの使い方に至るまで、質疑応答形式でおこなっていますので、興味のある方はご参加ください。
           
          (お申込みはTOKYOトラウトカントリーHPより)

          吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

          ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
          にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
          にほんブログ村
          | 吉田毛鉤 | 毛バリ製作 | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ウエーダーはあまり着用しないのだが
          0
            ウエーダーはあまり着用しないのだが

             妙な写真を掲載したが、ウエーダーの水漏れテストのためウエスト部分をひもで縛り、自転車の空気入れを使い膨らませてみた。この後は浴槽の水の中に沈めてテストをした。取りあえず大丈夫であった。



             私が好んで入渓する場所は、例え日帰りでも水の綺麗な源流域であることが多く、プライベートのテンカラではシーズンのほとんどを沢靴とゲーターで入渓するので、あまり出る幕がない装備になっている。
             山岳渓流を歩きづらい、透湿素材とはいえやはり多少は蒸れる、万が一水没した時の恐怖(中に水が入ったら最悪の場合「死」に至る)もある。里川などであまり水質が良くない場所で、足に直接水が触れるのが嫌な場合や、あまりにも寒い時以外は使用しないのだが、さすがにこの時期のカンツリ釣行では必要になってくるので、なんとなく気になったのでテストをしてみたわけである。

             昨日と今日は、釣りではなく、家族旅行で群馬方面にいたのだが、さすがに朝晩はかなり冷え込んでいた。今週末も奥多摩でいつものように毛バリ研究会が開催されるが、ご参加予定の方は暖かくしてお出かけください。

             
            吉田毛鉤の毛バリ研究会⇐よろしくどうぞ(冬季は9時からのスタートになります)

            吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


            ⇓いつもクリックありがとうございます⇓

            にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
            にほんブログ村
            | 吉田毛鉤 | 日々雑感 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            撮影用の小物を買いに
            0
              撮影用の小物を買いに

               私の実家は都心部にある。色々と用事もあるので月に何度か行くことになる。都心部はホームセンターなどが少ないため、そこで販売されているような日曜大工系のものの入手はしにくかったりするが、カメラやPC、家電品などを実際に目で見て購入する場合、こういった店舗があるのはありがたい。



               ということで、所用を済ませた後はいつものようにビックカメラへ。特にめあての買い物はなかったのだが、カメラ用のバッグや撮影機材を久しぶりにゆっくりと見てまわる。SDカードや他の細かいものを買い物かごに入れ、三脚のコーナーを見ている時に、以前コンデジを使っていた時に便利だったコンパクト三脚のデジタル一眼用が売っていたので、思わず購入してしまった。



               大きい三脚は所持しているが、入渓時、釣りと絡めて持って行くにはいささか大荷物になる。かといって小型三脚では耐荷重が足りない。超の付く高級三脚にはコンパクトで軽量なものもあるが、レンズが買えそうな値段にビビったりする。風景よりも魚などの至近距離での撮影が多いため、それほど高さは必要とせず、足場の悪いところでも使い勝手がよさそうなものはないかと考えていたこともあり、購入してみることにした。



               小さいほうは本当にずいぶんと活躍してくれた。木の枝に巻き付けたり、岩を抱かせたりして、渓での撮影には重宝したのである。今はコンデジを持って入渓することもなくなったので、カメラ共々子供に使わせている。



               このサイズ、デスクの上に載せるのにもちょうどよいので、せっかくなので毛バリを巻いて撮影してみた。今回は逆さ毛バリだが、この蓑毛、渋谷方面にある某釣り具店川釣り館のS氏よりいただいた貴重な材料である。



               逆さ毛バリの作り方は⇒こちらからも
               http://www.honda.co.jp/fishing/skillup/tenkaraflies/

              吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


              ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
              にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
              にほんブログ村
              | 吉田毛鉤 | 撮影グッズ | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              毛バリの比重
              0
                毛バリの比重

                 私が好んで入る渓は、放流魚のいない源流域、しかも水量の少ない沢に入ることが多い。魚の大きさよりも在来の魚の自然のままの美しさに惹かれ、彼ら(彼女ら)の生息している、何時間も歩いていかないとならない山岳渓流に魅力を感じているからである。里川や放流魚のいる場所、そして一般的管理釣り場にもでかけるが、そこは自己検証の場所であり、やはり自分的に心から釣りを、そして渓を楽しむことができる場所は山岳渓流である。そういった場所は、魚も釣り人も次世代に受け継いでいってもらいたいため、100パーセントキャッチアンドリリースを心がけるようにしている。当然私の毛バリは全てバーブレスフックを使用している。

                 源流域でも大源流といわれる場所は、開けた渓や深い淵などがあるが、私の好む場所は小渓流なので、水深も浅く、それほど大きな淵もない。そんな場所で使用する毛バリは、魚の反応を見ることもあり、表層勝負の毛バリをパイロット毛バリとして使うのだが、そんな浅い場所でも魚が水面近くで捕食しない日(冬季でもライズはあるしドライでも釣れるので、季節というよりその日の内の温度の変化や流下物の変化による)もあるので、好き嫌いの議論はさておき、どうしても毛バリを沈めないと釣れない場合もあるということになる。

                 そこで毛バリの沈下速度を考えて、色々な毛バリを作っては試しを繰り返しているのだが、この比重が本当に微妙で、自分でテストをしていてもなかなかしっくりとくる重さにならないのである。ドカンと沈めるなら各種(サイズや素材)あるBH(ビーズヘッド)を取り付ければよいのだが、自分的に気持ちのよい速度で水になじんでくれるように、素材、ハリ、巻き方等々、ひとつひとつ考えながら毛バリを作っていくのがけっこう大変なのである。



                 写真の毛バリは一見なんでもない沈み系のテンカラ毛バリに見えるが、ハックルの硬さや巻く厚み、ボデイ材の材質と量など考えに考えて、自分的好みに仕上げたものである。

                 先日のシャロムの釣行では、浅い水深の底に張り付いているイワナを狙ったのだが、重すぎる毛バリには反応が悪く、浮いている毛バリには見向きもしない。しかし微妙な速度で自然に沈下していく毛バリには確実に反応があったので、この辺りのことはまだまだこれから突き詰めて考えていかねばならないところであろう。

                 比重については、以前月刊つり人の連載を担当していた時、海でのテンカラの取材で嫌というほど感じたこともあり、それがトラウマとなっているのかも知れないが。

                 
                吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



                ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
                にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
                にほんブログ村
                | 吉田毛鉤 | 毛バリ製作 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                晩秋のシャロムの森へ
                0
                  晩秋のシャロムの森へ

                   本日は生業が休みだったため、急きょ釣りにでかけることにした。私の自宅から日帰りで、禁漁になっても在来の魚に出合うことのできる場所は、そう「シャロムの森」しかない。個人所有の山塊と渓、放流の一切ない管理釣り場なので、オフになっても放流魚ではない、美しい魚に会うことができる。



                   私のスケジュールは土壇場で決まったのだが、当会のメンバーの秋山郷のUさんと、ぺたうろさんが行くという話を聞いたので、現地で集合することになった。



                   オーナーと談笑の後、3人で場所の割り振りをして、私はちょうど1ヶ月前に入った場所に入らせてもらう。魚の着き場や定位している水深の変化が見たかったので、以前と同じ場所を同じように釣り上がってみた。



                   ペアリングしているイワナはスルーして、ポイントにタイトに付いている魚をねらったが、やはり水温のせいか、11時頃になってようやっと反応があった。



                   流れてくる落ち葉とどっ被りの枝をかわし、午前中にどうにか2バイト。2尾とも24センチとこの場所の源流域では良型だったのが幸いである。2尾目はぽってりと太っていた。



                   待ち合わせ場所に戻り、メンバーと食事をする。みんな釣果のことより、口にするのは「快適な気温と晩秋の渓の雰囲気が最高」だとのことになる。嫌な虫も大汗とも無縁の秋の渓。食事時間もマッタリと堪能することができた。



                   Uさん、ぺたさん、本日はじつに快適な1日となりました。やはり水辺はストレス発散にはもってこいでしたね。




                   本日はお疲れさまでした。またご一緒いたしましょう。


                  吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


                  ⇓いつもクリックありがとうございます⇓

                  にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
                  にほんブログ村
                  | 吉田毛鉤 | 禁漁・カンツリ・ぶらり旅(2014) | 20:48 | comments(6) | trackbacks(0) | - |
                  第57回TTCテンカラ教室
                  0
                    第57回TTCテンカラ教室

                     本日は恒例のTTCテンカラ教室の講師の日。11月ともなると参加者も少なく、今日は女性1名を含む、4名様での開催となった。少人数だとおひとりおひとりに付いている時間が取れるので、それぞれの参加者に個人的にアドバイスを差し上げながらご説明することができた。私の教室は「テンカラをよりわかりやすく」ということを念頭において開催しているので、その辺りのことを、座学を通じてじっくりとお伝えすることができたと思っている。


                    (秋も深まるTTC)


                    (いつものように朝イチで納品を済ませる)


                    (キャスティング練習・写真は品川のK閣下よりいただきました)


                    (実釣講習風景・品川のK閣下撮影)


                    (無事に釣れましたね・本日の紅一点)


                    (先日のリベンジとばかりに)


                    (こちらの方も結果を出されていらっしゃいました)

                     教室は無事終了し、品川のK閣下や、久々に来場の足立政宗公とも談笑をしていたら(おいしいお菓子をありがとうございます)、当会メンバーのきょ→じさんよりメールが。


                    (久しぶりに政宗公のお供でござる)


                    (こちらもお供で、どちらも大人しいでござる)

                     その内容は、「魚が釣れたのでなんとかして」というものだった。


                    (帰宅後はとんだサプライズが)

                    「処理した魚はお好きなだけ」とのありがたい申し出を受け、準備をして自宅で待機した。その後、きょ→じ新鮮宅配便が届いたので、処理してから分け前をいただいた。


                    (相模湾で泳いでいたカツオが半日後には手元に)


                    (きょ→じ新鮮宅配便で)

                     今夜はその内のアラを焼き、オリーブオイルとニンニク醤油をかけていただく。鮮度抜群で絶品であった。


                    (明日からカツオ三昧なので、先ずは手始めにアラ焼きを)


                     美味しいものを食べると気持ちも和らぐが、テンカラ教室にご参加いただいたみなさま、そして撮影にご協力いただいた品川のK閣下、差し入れをいただいた政宗公と食材をご提供いただいたきょ→じさん、みなさまに感謝の一日となった。

                     本日はありがとうございました。またのご参加をよろしくお願いいたします。


                    吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



                    ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
                    にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
                    にほんブログ村
                    | 吉田毛鉤 | テンカラ教室の報告 | 22:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
                    明日はテンカラ教室
                    0
                      明日はテンカラ教室

                       今日は子供の用事が午前と午後に分かれてあったので、親はダブルヘッダーでどちらにも顔をださなければならなかった。どちらも自宅近くの学校での開催だったので参加してきた。午前中は音楽の発表会だったので、子供たちの澄んだ歌声に、濁ったオジサンの私は浄化されたような気がした。午後は屋外でのイベントもあったのだが、曇り空のせいもありけっこうな寒さを感じた。

                       明日もあまり天気は良くなさそうだが、テンカラ教室の開催日である。私の講習は座学に力を入れているので、増水しない限りあまり天候は関係ない。ただ、仮に参加人数が少なかった場合は、せっかくお越しいただいた方々へのサービスとして、特別講習も付け加えようかと思っている。


                      (明日の準備を) 

                       シーズン中は定員になることもあり、1人で10名の方々を個別にケアするのは実に大変で、どうしても物足りなさを感じさせてしまうかも知れない。ただオフになると人数も少なくなることが多いので、その分1人に割り当てる時間も多くなるのは当然のことになるので、この辺りはご理解いただきたいと思っている。


                      (予習と復習にこちらのDVDをよろしくお願いいたします)

                       シーズン中は源流域、しかも小渓流でのテンカラを仲間と一緒に行うことが多い。教室にご参加いただいた方から、こういった場所への案内をお願いされることがよくある。案内するにはそれなりの知識が必要になるので、今日知り合って明日釣れていってくれというわけにはいかない。オフの間にそういった勉強をせずに、解禁からいきなり連れていってくれというのも虫が良すぎるのではないかと思う。お互い命を預けるような場面にも遭遇するのが沢でのテンカラなので、来期素晴らしい体験をしたいと思う方は、オフの時こそじっくりと勉強していただきたいと思っている。


                      吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝
                       
                       

                      ⇓いつもクリックありがとうございます⇓
                      にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
                      にほんブログ村
                      | 吉田毛鉤 | 日々雑感 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << November 2014 >>
                      + PR
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + counter
                      カウンターカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE