【フィッシングショー横浜】

 

今日はいつもお世話になっているメーカーさんと、出版社さんへのご挨拶をしに、フィッシングショーにいってきました。

 

パシフィコ横浜

 

(いつもお世話になっております)

 

(年々テンカララインの売れ行きも良くなっているとのことでした)

 

(吉田毛鉤オリジナルのテンカラ竿はこちらで作っていただきました)

 

(毎年何度か原稿の依頼を頂戴している『つり人社』さん)

 

いつもながらの賑わいでした。

 

 

【渓流2019春】

 

(渓流も発売に)

 

(今回は『渓ごはん』のレシピをご紹介)

 

月刊つり人増刊『渓流2019春』も発売になります。

今回は渓ごはんのレシピのご紹介ということで、渓で楽しめる料理のことを書かせていただきました。

 

フィッシングショーが終わると、渓流解禁の足音が近づいて聞こえてきます。

 

次の週末には『毛バリ研究会』も控えていますので、猛威をふるうインフルエンザに負けず、健康に気をつけて過ごしたいと思います。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

昨日のTOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室。


デモンストレーションで使用したのが写真の毛バリでした。

 


魚も好反応だったこともありますが、デモで立て続けに魚を釣った毛バリです。


何でもないような毛バリですが、針軸に巻いた鉛線と、水の含みを考えたボディ材、他にも細部まで考えた工夫が施してあります。


毛バリの巻き方、用途に応じた細かな工夫、そしてその毛バリの流し方から使い方まで。


毛バリ研究会ではジックリと解説していますので、興味のある方はご参加いただければと思います。

 

1月の開催は26日の土曜日となります。


お申し込みとお問い合わせはTOKYOトラウトカントリーのホームページまで。


尚、2月のテンカラ教室は10日(日)、毛バリ研究会は23日を予定しております。


どちらの教室も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

今日は102回目のテンカラ教室の開催日でした。

奥多摩は思ったより寒くなく、気になっていた降雪もなかったので、トラウトカントリーに到着した時にはひと安心。

いつものように2時間の座学からスタートです。

 

 

本日は6名様にご参加いただきました。

ポンドでのデモフィッシングの後は、みなさんそれぞれのキャスティングをチェックしていきます。

 

 

本日ご参加いただいたみなさんはヤル気も満々で、教えるこちらも気持ちよく教室ができました。

 

 

その後は川に下りて、実戦的なデモフィツシングを解説しながら見ていただきました。

 

 

ランチタイムは来場していた吉田毛鉤会のメンバーのUさん、MKさん、宴会部長のTさんと談笑し、終えてからみなさんの釣りを拝見しにいきました。

 

 

宴会部長はルアーロッドで楽しんでいました。

 

 

実は私は一昨日もトラウトカントリーにいき、ちょっと面白い記事の撮影のお手伝いをしてきました。

 

 

記事は1月25日発売の、『月刊つり人3月号』をお読みいただければと思います。

 

本日ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

毛バリをご自身で作ってみたい方、より突っ込んだテンカラを知りたい方につきましては、1月26日(土)に毛バリ研究会を開催しますので、ご参加いただければありがたく思います。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

明日のテンカラ教室は、予定通り開催いたします。

 

 

昨日は取材でトラウトカントリーに行き、ちょっと面白い撮影に協力してきました。

 

記事は月刊つり人3月号(1月25日発売予定)に掲載される予定です。

 

寒さも厳しいとは思いますが、明日の教室も楽しくやりましょう!!

 

テンカラ教室を受講された方で、さらに進んだ内容を知りたい方、毛バリを作ってみたい方、毛バリについて詳しく知りたい方がいらっしゃいましたら、1月26日(土)開催の毛バリ研究会にご参加いただければと思います。

 

お申し込み、お問い合わせはトラウトカントリーのホームページよりご確認ください。

 

よろしくお願いいたします。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 

2019初釣行

 

 

初釣行は丹沢ホームへ

 

 

昨日は暖かく魚も元気に好反応

 

 

釣りは午前中で満足したので、自分のお腹を満たすためにホームで鴨の鉄板焼きを

 

 

素敵な手ぬぐいをいただいてしまった

 

 

午後1時にホームを後にした

 

 

今年もお世話になります

 

 

帰途、山道具の店に寄り道をし、買い物をして帰宅した

 

 

今年もテンカラを楽しみたいと思います

 

○私が講師を務めるTOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室(13日・日曜日)は現在受付中です

○毛バリ研究会も(26日・土曜日)開催を決定しました

 

どちらの教室もお問い合わせはTOKYOトラウトカントリーのホームページより

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

よろしくお願いいたします

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

正月気分も徐々に抜け、いつものペースに戻りつつあります。

 

TOKYOトラウトカントリーのテンカラ関連教室ですが

、今月も楽しく開催したいと思っています。

 

1月13日(日)に開催予定の第102回テンカラ教室は現在受付中です。

 

寒さも厳しいですが、私の教室は座学をメインにしております。

 

室内でじっくり説明したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

毛バリの作り方から釣り方に至るまでを、質疑応答形式で開催している毛バリ研究会ですが、1月は26日(土)を予定しております。

 

こちらの教室もよろしくお願いいたします。

 

いずれの教室も、お問い合わせはTOKYOトラウトカントリーのホームページよりご確認ください。

 

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝


あけましておめでとうございます。

 

 

正月休みに身体が鈍らないよう、今朝も電車を使い、カメラ片手に数キロのウォーキングをしてきた。

 


源流釣行の体力増強と健康維持のため、この一年かけて、なんとか走ることを習慣化することができた。

体重も10キロ減らし、どうにか維持し続けている。

身体検査の結果はオールAとなった。

 

年齢はあまり関係ない。私のようなオッサンでも、継続する気力さえあれば、体力の向上と健康を維持することができる証明になったのではないか。

ということで今年も走り続けるつもりだ。

 

 

昨年、個人的に印象に残ったことは色々とあるが、テンカラ関連では、私が講師を務めさせていただいてる教室が100回を迎えた。当然のことだが、感慨深い日となった。

 

安全な源流釣行の再確認ということで、登山に絡んだスクールにも何度か参加して、忘れていたことを思い出したり、最新の情報を得る勉強もした。

 

他にも今後の釣行を楽しむための付加価値として、コーヒーやベーグル作りの教室、ナイフを作る教室等にも参加させていただき、楽しい時間を過ごさせていただいた。

 

 

お世話になりました関係者のみなさまには、心より感謝する次第です。

 

 

昨年はとても充実した一年間になったので、今年は更なるグレードアップを目指し、楽しく過ごせればと思っている。

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

ゆく年くる年

 

 

本年も色々とありがとうございました。

 

2019年もよろしくお願い申し上げます。

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝

 私が講師を務めさせていただいてる、TOKYOトラウトカントリーのテンカラ教室。

 

 

 今年は無事に100回という記念回を迎えることができました。

 

 全ては参加者あってのことですので、今までにご参加いただきましたみなさまには、心より感謝する次第です。

 

 2019年新春の教室日程も決まりました。

 テンカラ教室で基本的なことを学んだ後の受け皿として開催した毛バリ研究会ですが、こちらも80回を超えました。

 

 こちらの教室では、毛バリ作成の基本から道具の揃え方、作る毛バリのバリエーションと、それらの毛バリの使い方等、質疑応答形式で開催しています。

 

 毛バリ巻きの道具や材料もこちらでご用意していますので、興味のあるかたはご参加いただけるとありがたく思います。 

 

1月13日(日曜日)のテンカラ教室の受付も開始しました。

 

お申し込みとお問い合わせはTOKYOトラウトカントリーのホームページよりご確認ください。

 

http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝


年末です。

 

(ヤマメは寒くても元気に泳いでいました)

 

一昨日、私も人並みに生業が仕事納めとなり、昨日は今年お世話になった方々のところへ、ご挨拶にいきました。

 

(オーダーした靴が完成。テンションは上がる)

 

それと約2ヶ月前に、巣鴨のゴローさんでオーダーした靴が完成したので、それを引き取りにいきました。

 

(つり人社さんのショーウインドウには、執筆させていただいた『テンカラ釣り・超思考法』も)

 

ランチタイムは、ご挨拶にいった、いつもお世話になっている『つり人社』さんの、O編集者にご案内いただいた場所で美味しいカレーを。

その後は近況報告とカメラ談義、そして来期の取材の話などをしてから帰途につきました。

 

(オーダーした靴と購入したレンズを持って)

 

一夜明けて今日は、奥多摩のトラウトカントリーにご挨拶にいき、その足で新調した靴と、一年間頑張ったの自分へのご褒美に購入したレンズを携え、シーズン中によく出かける渓に歩いていきました。

 

(冬の渓)

 

トラウトカントリーから往復8キロ。途中で撮影も楽しみながら2時間半で戻ったと同時にご依頼いただいている原稿のことを思い出し、そそくさと帰宅しました。

 

(氷柱が)

 

いや〜しかし寒かった。氷点下3〜4℃の気温の中では指先がかじかんで動かなくなり、カメラを持っているのもしんどい状態でした。

 

(寒くても楽しい『魚撮』)

 

吉田毛鉤 テンカラインストラクター 吉田孝