吉田毛鉤/吉田毛鉤会

** 一般社団法人・全日本釣り団体協議会公認釣りインストラクター ** TOKYOトラウトカントリーにてテンカラと毛バリ巻きの教室を開催しています ** CSテレ朝「ヒロシ釣り紀行」・HONDA釣り倶楽部など、各メディアにてテンカラを紹介しています ** 月刊つり人・毛鉤異魚種行脚「テンカラ一本やり勝負!」連載無事終了 ** 別冊渓流2011春〜2016春号へ随時寄稿しています(2011夏号では付録の毛バリ巻きのDVDも担当しました)** テンカラ入門DVD・テンカラ「一尾釣るまで!」塾。つり人社より好評発売中 ** 吉田毛鉤プロデュース・フジノライン製「テンカラミディ」も発売中です** 週刊日本の魚釣り174号に「テンカラ竿の機能と特性」が掲載されました ** 取材・原稿等・お問い合わせは kebarievent@gmail.com まで **

テンカラ教室受付中
0
    テンカラ教室受付中

     昨日は毛バリ研究会の開催日。
     真冬のTTCに集まった毛バリファンの熱気で、寒さもゆるむ勢いだった。
     今度の週末にはテンカラ教室もある(13日・土曜日)。
     解禁前にテンカラの基礎知識を習得しておこうと思うかたや、もう一度自身のテンカラを見直しておこうと思うかたがいらっしゃいましたらお申込みください。
     いつも楽しく開催しておりますので、次回の教室もよろしくお願いいたします。

     お申し込みは
    コチラから⇐
    ----------------------------------------------------------



     蟻の這うような速度で、じわりじわりの巻いている販売用の毛バリ。
     同じパターン、同じサイズを何十本と巻くので、そりゃ〜多少なりとも毛バリ巻きが上手くなるというものである。


    吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


    ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


    にほんブログ村
    | 吉田毛鉤 | テンカラ教室の開催予定日 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    第60回毛バリ研究会
    0
      第60回毛バリ研究会



       本日は記念すべき?60回目となる吉田毛鉤の毛バリ研究会でしたが、ご参加いただきましてありがとうございました。

       昨夜の降雪も奥多摩ではそれほどひどくはなかったようで、自宅周辺のほうが路面凍結していました。
       奥多摩に近づくほど雪がなくなり、それほど寒さを感じない一日でした。。

       本日の参加者は10名。本日の目玉は解禁前の特別講習ということで「ちょっと突っ込んだ毛バリの話」をしてみました。
       他にはウイングパラシュートの巻き方をご説明したり、毛バリ以外の話では、ザイルの編み込みのレクチャーをやってみたり。
       研究会後もディープなカメラ談義となったりして、私自身も楽しく過ごすことができました。

       

       ご参加いただきましたみなさま、本日はありがとうございました。
       月末(28日)には、2月開催分(第61回)を予定しておりますので、またのご参加をよろしくお願いいたします。


      ●第71回テンカラ教室・2月13日(土)
      ●第61回毛バリ研究会・2月28日(日)
      各教室のお問い合わせとお申込みはTTCホームページより⇐クリックしてください


      吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


      ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


      にほんブログ村
      | 吉田毛鉤 | テンカラ教室の報告 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      明日は60回目の毛バリ研究会
      0
        明日は60回目の毛バリ研究会

         先月は雪予報のため延期とした毛バリ研究会ですが、代替日として明日開催することにいたしました。
         今夜も少しばかりの雪予報が出ているようですが、明日奥多摩のTTC(TOKYOトラウトカントリー)へご来場の際は、事故などになりませぬよう、お車の方はくれぐれもご注意の上ご来場ください。

         
        http://trout-country.jugem.jp/?day=20160206

         初めてご参加いただく方には毛バリ巻きの基礎を、経験者には質疑応答形式で、毛バリから釣り方に至るまでをご説明しています。

         といっても堅苦しい教室ではなく、談笑の絶えない楽しい時間を作ることを念頭においております。
         それだけでなく、道具から釣り場のことと、参加者との情報交換も大きなウエイトをしめていると思います。

         明日は1月の開催時に話をしようと思っていました「毛バリについての特別講義」をする予定です。
         9時の教室スタート時から30分程度、ちょっと突っ込んだお話しをしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
         -------------------------------------------------------------------------

         今日は生業が休みだったので、どこぞのカンツリにでも行きたかった。
         しかし毛バリの注文も入っているし、他にもやることがあったのであまり乗り気ではなく、結局自宅で籠城しながらチマチマと毛バリを巻いて過ごすことにした。



         
         何十本も同じパターンの毛バリを巻き続けていると「飽きる」などということはとっくに通り越してしまう。
         ボーッと何も考えずに坦々と巻くのみなのだが、やはり使っていただく方がいる以上手は抜けない。 
         その反動か、自分の毛バリは手抜きばかりとなるのだが。


        吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


        ⇓いつもクリックありがとうございます⇓  


        にほんブログ村  
        | 吉田毛鉤 | テンカラ教室の開催予定日 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        2月の吉田毛鉤関連イベント
        0
          2月の吉田毛鉤関連イベント

           私がよく釣りに行くエリアの解禁まで、後1ヶ月と少し。
           今期はどんな課題を持ってテンカラをやろうかと、解禁前にあれやこれやと考えるのは実に楽しいものである。
           そして、今期使う道具も色々と考えながら用意する。これもまた楽しいことのひとつである。

           先ずは今度の
          日曜日(7日)は、1月の毛バリ研究会(第60回)の代替で開催予定(一般の方の予約は終了しました。吉田毛鉤会メンバーの方はご自由にご参加ください)。
           先月は、雪(予報)で道路状況のことも考え延期にした。その時に特別講習も考えていたのだが、それができなくなったので、今回あらためてお話しするつもりだ。

           そして翌週の週末の
          土曜日(13日)は、テンカラ教室(第71回)の開催日となる。
           こちらは現在参加者募集中。すでに何名かお申込みいただいたようで、ありがたい限りだ。

           月末
          28日(日)は第61回毛バリ研究会。各教室は2週間前から受付を開始します。
           いずれの教室も
          TOKYO TROUT COUNTRYのホームページよりお申込みください。



           よろしくお願いいたします。


          吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


          ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


          にほんブログ村  
          | 吉田毛鉤 | 連絡と報告 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          テンカラで魚と遊ぶために(別冊渓流記事)
          0
            テンカラで魚と遊ぶために(別冊渓流記事)
             
             先日の横浜の
            ジャパンフイッシングショーでは、つり人社ブースにて、テンカラのトークショー(座談会)をやらせていただいた。
             時間の関係もあったので、この時には私がいつも教室で話している内容の、ほんのさわりだけ話をさせてもらった。
             続きを聞きたい方がいらっしゃいましたら、ぜひともTTCのテンカラ教室へご参加ください(笑)。
              
             先日発売になった、つり人社刊
            『別冊渓流2016春号』の誌面で、これからテンカラを始めてみようという方や、ちょっとやってみたけど実際のところどうなのだろう?と疑問に思っている方にもご理解いただけるような内容で、「テンカラで魚と遊ぶために」というハウツーの記事を書かせていただいた。もちろん経験者の方にも参考にしていただければありがたい限りである。

             私の教室では、その内容を口頭で詳しく説明をさせていただいているが、そのひとそれぞれのやりたいテンカラを見つけ、そのテンカラに応じた、いわゆる「ケース・バイ・ケース」をどのようにすればよいかを解説している。


             
             自分自身がどのようなテンカラをやりたいのか、周囲の情報に惑わされず、その中から本当に何が自分にとって必要なのかを見いだせる「選択眼」を持っていただけるよう、表のネタから裏のネタまで、談笑を交えて楽しく開催させていただいている。
             
             ●今週末の
            7日(日)は毛バリ研究会(1月開催の代替日)
             ●来週末の
            13日(土)はテンカラ教室

             いずれの教室も奥多摩のTTC(TOKYOトラウトカントリー)でおこなっているので、興味のある方は以下のHPよりご確認ください。
             お申込みとお問い合わせは
            コチラから

             よろしくお願いいたします。


            吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


            ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


            にほんブログ村
            | 吉田毛鉤 | つり人社出版物 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            TENKARA USA MAGAZINE 2016 
            0
              TENKARA USA MAGAZINE 2016

               一昨日のフィツシングショーから帰宅すると、アメリカから小包が届いていた。
               送り主はTENKARA USAのダニエルだった。
               


               ダニエルとは2013年の取材釣行に一緒に行って以来時々連絡をもらっているが、昨年の秋に原稿依頼のメールがあった。

              http://yoshidakebari.jugem.jp/?day=20130822
               


               今回の記事の内容は私の毛バリのこと。この記事の掲載されたTENKARA MAGAZINEが刷り上がったので送ってくれた。
               原稿には魚の写真や毛バリのタイイングの解説の写真も添付したのだが、それがキッチリ掲載されると、ますます今後の渓での撮影にも力が入るというものだ。

               テンカラが日々ワールドワイドになっていくことを感じている今日この頃。
               普及活動に力を入れている私にとっても嬉しいことである。
               

               TENKARA MAGAZINにご興味のある方は、TENKARA USA のホームページよりご購入ください。
              http://www.tenkarausa.com/


              吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


              ⇓いつもクリックありがとうございます⇓

              にほんブログ村
              | 吉田毛鉤 | 連絡と報告 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              ジャパンフイッシングショー・テンカラ座談会開催
              0
                ジャパンフイッシングショー・テンカラ座談会開催

                 本日はジャパンフイッシングショー2016会場内、つり人社ブースにて『テンカラ座談会』を開催しました。



                 座談会は石垣テンカラ大王、老眼天空倉上御大、別冊渓流真野編集長、そして私の4名でスタートです。



                 それぞれのテンカラをそれぞれが解説したのですが、何をさておき釣り業界全体からすれば、かなりなマイノリティのテンカラの話。
                 その話を聞くために、私の想像よりもすいぶんと多くの方々にご参加いただいたことに正直驚きを感じました。

                 しかしそれは嬉しいこと。



                 石垣先生や倉上さんのような先輩のみなさんが、地道に普及活動をしているおかげだと思います。

                 この件に関してましては、私もテンカラ教室を通じて、さらに頑張らないとなりません。



                 トークショーの後は3人並んでサイン会を。小さなお子さん連れの方もいらっしゃいまして、まことにありがたい限りです。

                 ご参加いただきましたみなさま、ご協力いただきましたみなさま、本日はありがとうございました。
                 
                 またみなさんとお会いする機会があると思いますので、その時はよろしくお願いいたします。


                吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 日々是感謝 吉田孝


                 追伸:



                 終了してからは吉田毛鉤会「桜組」のメンバーと中華街に繰り出し、ちょっと遅めの新年会を。
                 昼間っから酔っ払い、腹筋崩壊トークでおひらきとなりました。
                 ご参加いただいたメンバーのみなさま、ありがとうございました。
                 そして撮影にご協力いただいたなみへい姐さん、重ねて御礼申し上げます。


                ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


                にほんブログ村  
                | 吉田毛鉤 | イベント | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                明日はトークショー(ジャパンフィッシングショーにて)
                0
                  明日はトークショー(ジャパンフイッシングショーにて)

                   本日より開催のジャパンフィッシングショー2016。
                   私の出番は明日11時30分よりとなっております。
                   「つり人社」のブースでは、3日間トークショーを開催しておりますので、よろしくお願いいたします。


                  http://e-tsuribito.blogo.jp/archives/2061660.html



                   会場では現在絶賛発売中の「2016渓流春号」も販売していますので、まだお読みになられていらっしゃらないかたは、ぜひともお手に取って・・・・・・よろしかったらご購入いただけるとありがたく存じます。



                   渓流誌面では「釣れない時間を愉しむために」と、テンカラで遊ぶためのハウツーの記事を担当させていただきました。


                   
                   オマケといってはアレですが、現在発売中の「月刊つり人」3月号では、「渓ごはん」の記事で料理を担当させていただきました。
                   こちらもどうぞよろしくお願いいたします。  




                   トークショーの後も時間を取ってありますので、多くのテンカラファンの方々とお会いできるのを楽しみにしております。

                   さて、引き続きのイベント情報ですが、2月のTTC関連教室は、

                  7日(日)「毛バリ研究会」(第60回・1月の代替)
                  13日(土)「テンカラ教室」(第71回)
                  28日(日)「毛バリ研究会」(第61回)
                   そして
                  3月27日(日)には第4回K−カップが開催されます
                   
                  詳しくはTTCホームページより

                  http://ttcmayfly.web.fc2.com/

                   教室、イベント共に、みなさまのご参加をお待ちしております。 
                   

                   ということで、お知らせでした。


                   吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝



                  ⇓いつもクリックありがとうございます⇓

                  にほんブログ村pict
                  | 吉田毛鉤 | 連絡と報告 | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  解禁準備【小物編】
                  0
                    解禁準備【小物編】



                     昨日に引き続き、今日は釣行時に持っていく小物の整理をした。

                     シーズン中の釣行で、ちょっと不具合があると「他にもっといい(使いやすい)ものはないか」と探し、買って使ってみる。
                     そういった小物類は増える一方なので、解禁に向けて取捨選択をする。

                    ●山岳渓流が主戦場なので、熊鈴とホイッスルとフラッシュライトは何をさておいても外せないもの
                    ●データ収集のための水温計
                    ●ラインクリッパー、フォーセップ、小さなナイフ、ハリ用のヤスリ
                    ●ラインやハリスの切れ端を捨てるためのワレットも必要不可欠
                    ●ラインの巻きグセを取るためのラインストレーナーも
                     
                     この辺を中心に、使い難いもの、持っていく場所により重さや大きさを考えなければならないもの、予備のいるものといらないものなどを考えて、大幅にシェイプアップした。

                     しかしこの小物類だが、見た目は大して変わらなくても、本当にちょっとの違いで使いやすかったり使い難かったりするので、実際に購入し、入渓時に持参しないと評価を出すことができないのだ。

                     そうして不要な道具の山が累々と築きあげられていくのだが、これも「他人様に説明する」というインストラクターの宿命でもあるので、これからも人柱となり、色々と買い続けていくつもりです(笑)。

                     さて、いよいよ3日後にはコチラが⇓⇓⇓
                     
                    http://e-tsuribito.blogo.jp/archives/2061660.html
                     足をお運びいただけるかたがいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。


                    吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


                    ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


                    にほんブログ村
                    | 吉田毛鉤 | 道具 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    解禁準備【ライン編】
                    0
                      解禁準備【ライン編】



                       解禁までまだ時間はあるが、ウズウズしてきたので今日はラインの整理をする。

                       オフの間にも管理釣り場でテンカラを続けてはいるが、さすがに私好みの藪藪しているところは少ないため、釣りに使うのは長め(あくまで私的に)のラインが中心となっている。

                       そこで新しいラインを用意したり、痛んだラインを廃棄したり、擦れ傷が一部のものは切って短くした(テーパーラインの場合、そのテーパー形状に支障が出ない程度に)。長さもキッチリとメジャーで計測し直し、仕掛け巻きに付けてあるラベルも交換する。
                       私の設計した『テンカラ・ミディ』を始め、製作協力をした『ソフト・テンカラ』。それとメーカーさんからいただいた試作のラインを長さ別に用意した。

                       他にはハリスの在庫の個数を確認し、何がいくつあるのかをメモ書きに残しておく。それで一応準備は完了。 次は入渓時の小物類の整理と補充に取りかかるつもりだ。それが終われば毛バリの準備。

                       こうして解禁に向けて少しずつ動いて行く時も、私にとっては愉しい時間でもある。


                      吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝


                      ⇓いつもクリックありがとうございます⇓


                      にほんブログ村


                      ●2月のTTCテンカラ関連教室の日程は、7日(第60回毛バリ研究会・1月の代替)、13日(第71回テンカラ教室)、28日(第61回毛鉤研究会)となっております。ご参加いただければ幸いです。
                      | 吉田毛鉤 | 道具 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      2829     
                      << February 2016 >>
                      + PR
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + counter
                      カウンターカウンター
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE