土曜日は入渓、そして今日は

 

 

 昨日は吉田毛鉤会メンバーのひとりに秩父方面の渓をご案内いただいた。

 御礼方々いつも渓で作っていただく「渓そうめん」を振舞う約束をし、もうひとり、女子メンバーを含めた3名での釣行となった。

 天気予報はあまりよろしくなく、それでも午前中はなんとかなるだろうと、2時間の道のりを歩き入渓した。

 

 入渓直後から魚が挨拶に出てきてくれ、3人で交互に釣り上がった。

 撮影してはリリースを繰り返し、久し振りにピュアなイワナ釣りを楽しむことができた。

 

 

 いつも激戦区で釣りをしている私は、サイズもこだわりなく、2〜3尾釣ることができ、その魚の撮影ができれば満足してしまう。

 そんな遡行中、この時期からのお約束である「スズメバチ」にまとわりつかれてしまった。みんなそこそこ釣れていたし、ハチと戦う気もないので入渓点まで戻り、落ち着いて食事をしようということになった。まだその時点では雨は降っていなかった。

 

 入渓点に戻ったところで、持参したそうめんをゆでるために準備をした。薬味も切り、ゆでたそうめんを清冽な沢水に晒していると、突然の大粒の雨。

 「想定はしていたけど今かよ〜」とブツブツいいながら、みんなの食器にそうめんを盛り付けたところで、「ちょっとヤバいか」という本降りになってしまった。車を止めた場所までは増水の影響を受けるようなところはなかったので、それほど危険は感じなかったが、いかにも降りがひどいのである。

 

 結局はずぶ濡れになり、立ったままそうめんをかき込むということになった。駅でもないのに立ち食いである。

 ありきたりの釣行は時間の経過と共に印象が薄まっていくことが多いが、善しに付け悪しきに付け、インパクトのある釣行というのは心に残りやすい。

 

 ということで、ずぶぬれの衣類や道具を乾かすのは辟易するが、今日も印象に残る楽しい釣行になったことはいうまでもなく、仲間に感謝してこの日を終えた。

 

 明けて今日、先日の台風による大雨の影響で、私が講師で予定していた『毛バリ研究会』は中止となった。毛バリを巻くことはできるが、せっかくご来場いただいた参加者のみなさんに、釣りの出来ない釣り場の状況では申し訳ないので残念ながら中止にさせていただいた。明日からの雨のことも考えねばならず、今後数日はトラウトカントリーも休場の予定だそう。

 

 

 残念ながら釣り場は休場だったが、情報交換と連絡のために集まった吉田毛鉤会のメンバーと、談笑がてら毛バリをちょこっと巻いて釣り場を後にした。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

●来月の関連教室は、11日(テンカラ教室)と25日(毛バリ研究会)の予定ですが、お申込みの開始等、詳細に関しましてはTTCのホームページよりご確認ください

8月の毛バリ研究会は中止となります

 

台風による増水の影響他、諸事情により週末(8月28日・日)のTOKYOトラウトカントリー・毛バリ研究会は中止となりました。

9月は開催予定ですので、よろしくお願いいたします。

 

詳しくはコチラからも⇒http://trout-country.jugem.jp/?eid=2620

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

つり人社刊 『熊!に出会った襲われた』

 

 過去の入渓時や移動の時に、何度か熊を見たことのある私のところへも原稿の依頼が来ました。

 ということで、発売となりました『熊!に出会った襲われた』。

 私の記事は目撃談という形でしたが、壮絶な体験をされた方の話も書かれています。

 読み物として、注意喚起として、ぜひともお読みいただければと思います。

 

 

 

 例年、月刊つり人や別冊渓流の誌面では、記事を書かせていただくことが多いのですが、今年は単行本でも何度かお世話になりました。

 『テンカラスタートブック』そして『滝を釣れ』。今回の熊の本共々、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

amazonからも購入できます⇓

https://www.amazon.co.jp/%E7%86%8A-%E3%81%AB%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A5%B2%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F-%E3%81%A4%E3%82%8A%E4%BA%BA%E7%A4%BE%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E7%B7%A8%E9%9B%86%E9%83%A8/dp/4864470936

9月のTTCテンカラ関連教室の日程です

 

 夏真っ盛り。

 下界では蒸し暑さもピークの様相を呈していますが、標高の高い渓の水に足を浸しながら遡行している時は、本当に生き返る思いがします。

 そんな自然渓でのテンカラ釣りも、禁漁期まで後2ヶ月弱。

 禁漁期でも管理釣り場を利用してテンカラを行なう私ですが、やはり自然渓で在来の美魚と戯れることが一番楽しいと思っていますので、禁漁までの間、時間を作ってあちこち入渓したいと思っています。

 

 ということで、より多くの方々に、今期もテンカラに親しんでいただこうと、月イチ開催のテンカラ教室の講師を頑張って続けております。 次回の日程(9月)は、11日に『第78回・テンカラ教室』、25日に『第67回・毛バリ研究会』を開催予定です。

 

 ⇓お申込みの開始日と教室の詳細は、TOKYOトラウトカントリーHPよりご確認ください⇓

 http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

 (8月6日・標高1300メートル付近の渓で)

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

昨日は入渓、今日は教室

 

 暑い。

 昨日は吉田毛鉤会メンバーの女子と標高の高い渓へ行ったのだが、1300メートル前後での釣りでは、足を流れに浸していることもあり、汗もかかずに快適だった。モチロン下山後は「うわ〜っ」となるほど暑かった。

 在来の綺麗なイワナを何尾か釣り、写真撮影後は感謝の気持ちを込めてすみやかにリリースする。

 

 
 
 明けて今日も朝から蒸し暑い。
 今日は77回目のテンカ教室の開催日だったので、朝から標高400メートル付近にあるTOKYOトラウトカントリーへ。
 奥多摩といえども日が射せば暑いが、日陰に入れば涼しさを感じる。
 
 
 教室は座学を中心に、午前中3時間。午後は参加者のみなさんにも竿を出していただきました。
 魚の活性も悪くはなく、みなさんそれなりに釣果を得ていたようです。
 
 本日ご参加いただきましたみなさま、暑い中ありがとうございました。
 更にテンカラのことをお知りになりたい方がいらっしゃいましたら、こちらも月イチ開催の『毛バリ研究会』を開催していますので、ご参加いただければよろしいかと思います。
 
 吉田毛鉤会メンバーのK閣下、そして宴会部長。撮影とサポート、ご協力ありがとうございました。

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

真夏の渓では沢タビを好んで

 

 

 

 ずいぶん前のことだが、熱中症でブッ倒れたことのある私は夏が嫌いだ。

 寒いのは我慢できるが、汗ダラダラを引き起こす真夏の暑さは、高い湿度による不快感で精神的にも我慢ができない。
 通年管理釣り場で渓流魚を釣っている私は、禁漁になってもテンカラをやり続けるわけで、こう暑いと秋風が恋しくて仕方がなくなる。
 ということで、この週末もどこかの渓に入る予定である。
 そんな夏の渓で、実に快適に過ごすことのできるのがこの沢タビ。グジュグジュと靴やソックスの中に水が溜まることもなく、帰宅後の洗濯や乾燥も楽チンである。ワンシーズン持てば…と耐久性もその位に考えておけば、安い価格のこともあり、水温の高い季節は本当に重宝している。
 人によっては指先をぶつけると「痛いっ!」ということもあるようだが、沢靴より丁寧に歩くので、私的にはそれほど怖さを感じない。むろん甲の部分も無防備なので、沢タビを履いた時には、とにかく足運びに極限の注意をするようになった。
  涼を求めて週末(土曜日)は入渓予定だが、日曜日はテンカラ教室があるので、安全かつ早々に帰還するつもりだ。
 
 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 昨日は毛バリ研究会の開催日でした。

 

 一般の方のご参加がなかったので、吉田毛鉤会のメンバーを中心に、「浮かせる毛バリと沈める毛バリのハリの選択」や 「正統派?ブナムシプカプカの作り方」とか 「真っ黒い毛バリの視認性を上げるには」等々の解説をさせていただきました。

 

 ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 またのご参加をよろしくお願いいたします。

 

 8月も開催予定ですので、ご参加ご希望の方は、TTCホームページで詳細をご確認ください。

 尚、8月7日(日)のテンカラ教室は現在参加者募集中です。こちらもTTCホームページよりお申し込みください。

 http://ttcmayfly.web.fc2.com/

 

 

  

 

 

 

 (珍客登場・ミソサザイ飛翔練習中)

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 【TOKYO TROUT COUNTRY 8月のテンカラ関連教室の日程】

 

 子供たちの笑顔を見ることができた「第2回キッズテンカラスクール」も無事終了しました。

 毎回ご好評をいただいておりますので、また来年も企画したいと思います。

 

 さて、子供たちへの体験教室が終わった後は、大人向けの教室のお知らせを。

 私の担当するテンカラ関連教室の日程ですが、

 

8月7日(日)第77回 TTCテンカラ教室

8月28日(日)第66回 吉田毛鉤の毛バリ研究会 となっております。

(7月31日の毛バリ研究会は、現在受付中です。8月7日のテンカラ教室も受付を開始しました)

 

 詳しくはTTCのHPよりご確認ください。

 http://trout-country.jugem.jp/?eid=2594

 

 お子さんや女性のかたにもテンカラを楽しんでいただきたい。そう思って開始した関連教室ですが、女性の参加者もじわじわと増えてきました。教室から私の主宰する会へ入り、つり雑誌を華々しく飾った女子メンバーもいます。

 今後も普及活動を通じ、自然の素晴らしさをご理解いただき、その環境を守っていきたいと思う気持ちが少しでも芽生えていただけますよう、教室の講師として頑張っていく所存です。

 

 ということで、これからもTTCのテンカラ関連教室を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

月刊つり人9月号本日発売

 

 

 

 毎月25日発売の『月刊つり人』、今回は吉田毛鉤会の女子メンバーを連れて、高原のテンカラ記事のお手伝いをしてきました。

 当会の看板娘がイイ仕事をしてくれたおかげで取材は無事終了しました。

 私はここのところ多くなってきている、食事やらコーヒーのサポートで参加となりました(笑)。

 

 

 

 数年前より当会の主力メンバーには、原稿の依頼をしたり、取材のサポートをお願いしてきたのですが、今回は高原絡みの取材ということで、女子を前面に出そうということになりました。

 

 

 

 詳しくはご購入の上、じっくりお読みいただければありがたく存じます。 

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

第2回キッズテンカラスクールの報告です

 

 昨今、「お子さんに野外活動をやらせてみたいけれど、なかなか教えることができなくて」という親御さんの声が多くなりました。

   

 そこで、テンカラという釣りを通じて、少しでも自然環境に触れてもらいたくてと、初めて開催したのが昨年の夏。好評だったこともあり、今年も開催させていただきました。

 

 

 

 今回の参加キッズは13名。

 

 毛バリを巻いて、その毛バリで魚を釣って、自分で処理(捌いて)して食べてみる。

 

 普段なかなかできない体験を、お子さんたちにやってもらいました。

 

 

 

 昨年は安全管理の面から、お子さんたちにはストリームエリアでは釣りをしないでいただきましたが、今回は一人一人のお子さんに、保護者の方や担当講師の先生に立ち会っていただくことで、みなさん川での釣りも楽しんでいただけたようです。

 

 

 

 指導と安全を考慮し、お子さんたちにマンツーマンで対応する教室はなかなか開催するのも難しいのですが、そこは当吉田毛鉤会の精鋭メンバーの手を借りて、今年も無事に開催することができました。

 

 先ずはご参加いただいたキッズたち、そして親御さん。
 そしてご協力いただきました吉田毛鉤会のメンバーのみなさま。
 今回も無事終了できましたこと、御礼申し上げます。

 

 本当にどうもありがとうございました。
 また来年の夏も開催すると思いますので、その節はよろしくお願いいたします。

 

 

 吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 追伸:毎月開催のテンカラ教室、8月の開催日は7日(日)となっております。お申込みは明日からですが、詳しくはTOKYOトラウトカントリーHPよりご確認ください。