第4回キッズテンカラスクール開催について

 

 

毎年夏休みに開催し、大変ご好評をいただいております 「キッズテンカラスクール」。4回目の開催が7月29日(日)に 決定いたしました。

参加対象者は、小学生の方となります。

今人気のテンカラ釣り。お子様向けの内容で企画させていただきました。

毛ばり作りから始まり、釣って食べるまでを1日で体験できるテンカラスクールです。

釣り竿から毛ばり作りの道具も全てこちらでご用意いたします。

このスクールが初めての釣りになるというお子様、大歓迎します!

スクール中にはゲーム感覚で楽しんでいただける企画もご用意しています。

夏真っ盛りの奥多摩で、夏休みの思い出づくりにぜひご参加下さい!

 

下記開催要項をよくお読みいただき、お申し込みいただきますようお願いいたします。

開催要項

●:日時: 7月29日(日)午前9時〜13時頃まで予定 (昼食は併設のレストラン・キッチンメイフライを ご利用いただけます) ●:場所: TOKYOトラウトカントリー (東京都西多摩郡奥多摩町日原68)

●:講師: 吉田 孝さん (吉田毛鉤)

●:参加募集対象: 小学1年生〜6年生  (必ず成人の保護者の方1名同伴をお願いします。安全のため、ごきょうだいで お申込みの際も、必ずお子様1名につき保護者1名同伴して下さい)

●:募集人数:  10名程度 (定員になり次第TOKYOトラウトカントリーHP上で お知らせいたします)

●:料金: 6000円+税 (レンタル道具一式、魚のキープ3尾までを含みます) (テンカラ竿、巻き道具をお持ちの方はご持参して いただいて構いません) ※料金には保護者の方1名分の入場料が含まれております。 繁忙期に付き混雑いたします。スペースもございません. スクール進行にも支障を及ぼす事が過去にございましたので 保護者1名以外の方の付き添いはご遠慮ください。  

 

講習内容 初めて釣りをするお子さまでも楽しめるよう「テンカラ」 という毛バリを使った釣りで

「自分で毛バリを作って」

「その毛バリを使用して魚を釣って」

「その魚を食べられるよう自分で処理をして」

「塩焼きにして食べてみる」

という体験型のスクールにさせていただきました。

(もちろんお子さまには、保護者の分も釣っていただきます)

自分で釣った魚を食べるということを通じて、命の大切さを ご理解いただくとともに 「全部ひとりでできた!」という貴重な経験を奥多摩での夏休みの思い出の一つにしていただきたいと思い企画いたしました。

毛ばり作りから塩焼きにするまで、お子さまにはスタッフがサポートとして付きます。

どうぞ安心してご参加ください。

(尚、お子さまが主役のスクールです。保護者の方への講習は行 いません。参加されるお子様のサポーターとしてお付き添いください。又、スクール時間中は安全の面から、TTC内のポンドでの 実釣となります)

天候による開催の有無等、情報はTOKYOトラウトカントリー FBで随時お知らせいたします。

お問い合わせとお申込みは以下のサイトからよろしくお願いいたします。

 

https://www.facebook.com/tokyotroutcountry

 

http://trout-country.jugem.jp/?eid=2888

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

TTCテンカラ教室の報告

 

TOKYO TROUT COUNTRYのテンカラ教室も98回目。

 

子供の頃から色々なモノに手を出し、親からは「オマエは何をやっても長続きしない」と言われ続けてきた私が、ここまで続けてこられたのも、ご参加いただいたみなさまと、ご協力いただいたスタッフのおかげです。

 

 

後2回で3桁の大台にのりますが、次なる目標は200回。 ここまできたら命の続く限りやってみたいと思います(笑)。

 

 

ということで、今回は魚の活性も高く、ストリームでのデモフィシングでは珍しく入れ食い状態となりました。

 

 

ご参加いただいた方々も、釣りを楽しまれていたことと思います。

 

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

TTCでは次なるステップのために、毛バリに特化した教室も開催しております。

 

またの機会がございましたら、ご参加いただけるとありがたく思います。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

先日は、吉田毛鉤会メンバーの4名で釣りに行きました。

 

 

普段会に絡むイベント等でご協力いただいているメンバーに、渓ごはんをご提供してきました。

 

 

この日のメニューは『渓そうめん』。

 

気温も高くなってきたのでこういったメニューは喜ばれます。

 

マネージャーには水羊羹を差し入れていただきました。

 

 

メシ炊き当番ばかりでは寂しいので、私も竿を出させていただきました…が、今日はあまり状況がよくなく、どうにかボウズを逃れて終了となりました。

 

 

早朝からの入渓で、10キロ背負ってしっかり歩いたので、さすがに帰宅後はグロッキー。

 

でも体重計に乗ると嬉しい表示が出るので、最近は入渓後の楽しみになっています(笑)。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

週末、いつもの激戦区の渓へマネージャーと入った。

先行者の車があったので、少しだけ場所を変えて入渓した。

これがツキの始まりだったのか、その場所では入渓直後から小さいながらも魚が釣れた。

 

 

今回は私が前日に焼いたパンを持ち込み、マネージャーが持ってきてくれたビーフシチューで美味しいランチをいただいた。

 

 

いつも難しい釣りを強いられているこの渓。この時点で満足度は100%となり、「今日はイイね〜」と話していた。

 

その後も釣りながら退渓点の近くまで行った。

「後少しで終わりだから、少しじっくりやろう」と言うことになり、先ずはマネージャーに釣ってもらった。

すると、自然渓流の天然魚では自己ベストになる良型を釣り上げたのだ。

 

 

これは師匠の私としても大満足。色々と教えてきたかいがあったと二人で喜んだ。

 

 

満足したマネージャーは片付けに入ったので、最後のポイントだけ竿を出させてもらったら……わたしにも良型の魚が。

 

 

ということで、エンディングに華を飾る師弟での良型。

 

 

満足度はマックスとなり、意気揚々と下山したのであった。

 

弟子の成長を目前で見届けた記念すべき日。

一生懸命やっているので、きっと渓の神様も応援してくれたのだと思っている。

 

諸々に感謝。ありがとう。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

TTCテンカラ関連教室の開催日のお知らせです

 

6月24日の日曜日は毛バリ研究会の開催日でした。今回は雉(キジ)の剣羽根の毛バリの巻き方のリクエストがありましたので、重点的にご説明をさせていただきました。

 

 

7月の毛バリ研究会は、別のイベントのためお休みとなります。またの機会をよろしくお願いいたします。

 

次回のTTCテンカラ教室は7月8日(日)。

 

今年も開催いたします、キッズテンカラスクールは、7月29日(日)となりました。

 

テンカラ関連教室の詳細は、TOKYOトラウトカントリーホームページよりご確認ください。

 

http://ttcmayfly.web.fc2.com

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

シーズン中、毎週のように入渓している場所がある。

山岳渓流なので沢に沿って杣道(登山道)が付いている。なので道に迷うことなく入退渓できるのだが、入渓者も多く、魚も少ない挙句にプレッシャーがかかっているという非常に釣りにくい場所だ。

しかもこの7〜8年の間、底砂を浚うような大水が出ていないので、ポイントや魚たちの隠れ場所が砂で埋まり、釣りにくさに拍車がかかっている。

 

1529749799680.jpg

 

よく「他に沢山釣れる場所があるのに、何でそこにばかり通うのですか」と聞かれることがある。

こればっかりは個人の趣味の問題なので、理解できる人にしかわからないと思うが、ひとにはそれぞれ価値観に違いがある。

私がこの渓に通うのは、「天然の美しい魚が釣れる(成魚放流の見た目が好きではないし、取って食わないのでサイズも数も一番の目的ではない。それなりに釣れたら嬉しいけど)」「渓相が美しい」「自宅から1時間半で入渓点まで行くことができ、余裕の日帰り釣行ができる(翌日に疲れを残さない)」「安全第一(滝の高巻きや、ロープを使用したり、ガチャガチャを用意して行く沢登りの要素の強いところではない)」「渓の中でお茶や食事を楽しめる」「誰かを連れて行ってもリスキーではない」「そしてなにより慣れている」と、このような理由があるからなのだ。

 

IMG_0757.JPG

 

先日もこの渓に行ってきたが、気温水温共に低く、同行のマネージャーは釣ったものの、私は魚の顔を拝むことができなかった(4バイトあって全て掛けバラシしたのでこれは自分のせいだ。原因究明と対策を考え中)。

 

IMG_0767.JPG

 

そんな時でも「渓ごはん」を楽しむことができれば、釣れなかった悔しさもかなり軽減できるというわけだ。

この日は自家製の肉味噌を持参し、中華めんを茹でて、ジャージャー麺を食べた。

 

IMG_0770.JPG

 

渓が調味料となり、渓で食べるというだけで味は数倍増しになるのはやったことのある人なら理解できると思う。

ということで、私は性懲りもなくこの渓に通うのであった。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

 

 

 

 

 

今日は私の主宰する吉田毛鉤会に昨年入られたベテランテンカラ師のYAMADAさんに、氏のホームの渓に連れて行っていただきました。

 

 

無風。雨上がり。靄の立つ幻想的なこの渓で、今日はイワナ釣りを楽しませていただきました。

 

 

 

途中でコーヒーを淹れ、一休み。

 

 

午前中のみの半日釣行でしたが、魚の反応もよく、満足することができました。

 

 

終えてYAMADAさんの懇意にされているペンション『すずらん』さんに立ち寄り、美味しい焼きカレーをいただきました。

 

オーナーのFURUYAさんからは、釣り場のゾーニングや堰堤のことなど、釣り人目線の興味深いお話しを拝聴することができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

ご案内いただきましたYAMADAさん、興味深いお話しをお聞かせいただきましたFURUYAさん。本日はありがとうございました。

 

またの機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

 

(フッキングしちゃってごめんなさい)

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

昨日は父の日。子供が小さい頃には喜んでお祝いしてくれたが、今年はそんな日があったのかという空気が我が家には流れていた。

 

ということで、子供たちにかまってもらえない父親3名は(かまってもらえる人もいるか)、精神的辛さを肉体的辛さでごまかすべく、渓に入ることにした。

 

 

林道を1時間歩き、その後は急登の山道を30分。そして30分下って目的の渓へと下り立った。

 

 

6月だというのに昨日は寒かった。標高が1000メートル付近だったこともあり、気温は10度位まで下がっていたと思う。指先がかじかんでいた。

 

厳しい釣りが予想されたが、ガイドしてくれたメンバーのおかげで、どうにか型を見ることができた。

 

 

 

今回も釣りの他にも、『渓ごはん』という目的があったので、少ない釣果も気にならない。元々激戦区の釣り場で、キャッチ&リリースをしているので、一尾釣れたら問題なし。充分に楽しめるのだ。

 

 

今回はランチョンミートを使った炊き込みご飯をご提供。食料ばかりの重い荷物を背負って入渓しているうちに体力も付き、何より美味しいし、同行者にも喜ばれ一石二鳥、いや一石三鳥の効果があると思っている。

 

 

寒かったけど、ネイティブのイワナと渓ごはんに癒された1日。睡眠不足の山歩きで、流石に疲れが残っているが、今夜グッスリ眠れば、明日には復活していると思う。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

つり人社刊『別冊渓流2018夏』

 

昨日発売になりました別冊渓流夏号。今回は私の愛する奥多摩の渓の釣行記を書きました。

個人的に思い入れの強い渓のことでしたので、かなり熱を入れて書きました。あ、決していつもは不真面目に書いているわけではありません。今回はいつにも増してということで…。

 

SDIM0563.JPG
(表紙は我妻さんです)

 

それともうひとつは私の愛するウエアということで、ファイントラックの愛用者としてご紹介いただきました。
SDIM0564.JPG
(もう長年愛用させていただいております)

 

源流域の釣行には他の追従を許さないと個人的に思っている【finetrack】の製品群。私からもオススメいたします。

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝

 

「今度知り合いのご夫婦がテンカラをやってみたいというので、どこかに連れて…」との話を聞いた。

私の信頼する美人マネージャーからの話では放って置くことなどできるわけもなく、「まかせろ〜」と一切を引き受けた。

で、道具一式と渓ごはん(車横付けなので特別編)を用意し今日は丹沢ホーム・札掛釣り場へと向かった。

 

 

釣りもほとんど経験のない人に、一からテンカラを教えるのは正直大変なのだが、これが逆にインストラクター魂に火を点けることになるのだ。

今日はアシスタントもいるので準備もサクサク進み、川に下りて「何としてでも一尾は釣らせないと」と、実釣のアドバイスを開始した。

 

 

結果的にはお二人とも魚を無事に釣りあげたので一安心した。

 

 

魚が釣れたところでお楽しみのランチタイムに。

車横付けなので、家で仕込んだ料理を盛り付け、談笑しながらいただいた。

 

 

夕方用事があるというご夫婦が先に帰途についたので、居残り組は残業に突入。

 

 

そこからは怒涛のヤマメイワナラッシュ(ホントカ)で、私も美マネもニジマスを釣ることなく残業を満足して終えることができた。

 

 

ご夫妻とマネージャー。本日はお疲れさまでした。

また楽しくやりましょう。

 

 

吉田毛鉤 吉田毛鉤会代表 テンカラインストラクター 吉田孝